お花見の上手い断り方は?会社の行事で強制参加なの?

今年もお花見の季節がやってきました。桜の下でいろんな人とワイワイ飲みあかすのが好きな方にとっては楽しみな行事の一つではないでしょうか。
その一方で、人見知りで飲み会が苦手な方にとっては毎年このお花見が苦痛でしかたがないと思っているかもしれませんね。

スポンサードリンク

できれば欠席したいが、会社の行事として行われるので人間関係に影響が出ないか不安なところです。
それでは、お花見の上手い断り方についてアドバイスしていきます。

お花見の上手い断り方は?

お花見に行きたくない本音は、人とコミュニケーションをとるのが苦手で何を話していいのか分からない、飲み会の場は仕事以上に緊張してしまうといったところだと思います。
128631
まず、本当の理由を言っては後々の仕事に支障が出ますから、体調が悪いことを前面に出して断ってください。
お花見当日に断るとしたら、「今日のお花見の件ですが、少し熱がありまして体がだるい感じなのです。ですから、早めに帰って自宅で静養しますから欠席させてください。」などと言いましょう。

スポンサードリンク

上司や先輩、同僚も体の調子が悪いのに無理して参加させようとはしませんから最も上手い断り方の一つです。

ただ、酒が好きでないという理由だったら飲まなくてもいいから来るだけでもいいじゃないかと誘われかねません。ここはきっぱりと断るばきです。

お花見は会社の行事で強制参加なの

会社によっては月に1回は何かとイベントを開いて社内のコミュニケーションを活発化させようとするところもあります。イベントが好きでない人にとっては迷惑この上ない事ですね。

イベントは仕事ではないので参加は自由とはいっても、実質的には強制参加の場合が多く毎回断るとさすがに気が引けてしまい、組織の中でういてしまうこともあります。
体調不良を理由に断るのも3回までは限度だと考えられますので、それまでに何とか職場に溶け込めるように努力するか、開きなおって飲み会などのイベントには行かない人間だと周囲に知ってもらうかのどちらかを選ばざるをえない時が来るのは避けられません。

まとめ

やはり、会社のお花見や飲み会は行きたくなくても簡単には断ることができないと大方の人が思っているようです。
仕事に差し障りのないような理由で断るようにしてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ