就活面接で自己PRはどう話す?長所や短所は?アルバイト経験は?

大学生にとって就職活動は今や一大イベントとなっております。内定を得るためにはどうしても避けては通れないのが人事担当者との面接であります。この就職面接を上手く乗り切ることが今後の人生を大きく左右することはいうまでもありません。

スポンサードリンク

大学生にとって就職面接で自分をアピールすることといえば大学生活で経験したことを話すことが妥当であると考えられます。
それでは、今回は就活で成功するための面接の乗り切りかたなどをご紹介していきます。
111616

就活面接で自己PRはどう話す?

大学生の就活面接で聞かれることは転職者と違ってパターンがほぼ決まっていますので事前に準備ができる対策ばかりです。ほぼ間違いなく聞かれるであろう自己PRは、その学生がどんな性格でどんな行動をするのかを判断するために聞かれるのです。

自己PRの話題を決めるコツとしてはサークル活動、留学経験あるいはアルバイト経験から自信のあるエピソードを抜き出すことです。そのエピソードの中で、自分がどのように行動したのか、どう対応したのかを話せばよいのです。

具体的な簡単な例をあげますと、「私は、大学4年間は生活費を稼ぐために接客のアルバイトをやっていました。そこでの経験でお客様それぞれに合わせた対応する能力を身に付けるとともに、常に笑顔を絶やしてはいけないという責任感が大切だと勉強させていただきました。こうした対応力を御社で活かしていきたいです。」(途中省略)

スポンサードリンク

最後の締めくくりは、自分がどう会社で活躍できるかをアピールするところがポイントです。

内容は学業でも良いしサークル活動などでも良いと思います。

就活面接で長所や短所は何を話す?

長所を話すのは簡単ですね。
自分が自信のあることを言えばいいです。注意点は具体的な体験談を交えながら面接官が納得できるような話をすることです。

長所だけあって話が長くなりがちになりますが、あまり自分の世界に入らないようにしましょう。

短所は、自分から積極的に話す必要はありません。しかし、聞かれれば答えなければいけませんね。
その時に、素直に短所だけを言うことは自分の評価を落とすだけですから、短所を一旦認めたうえで、だから今はこんな努力をして克服しているとか、短所を自分の個性であるなど説明できるような方向へもっていく必要があります。

要するに短所をストレートに言うだけではマイナスポイントしか残らないということです。

就活面接でアルバイト経験をPRするには?

大学生の就活面接においてアルバイト経験が面接官に評価される理由は、社会で働いた経験があることでこのまま採用してもやっていけるだろうという目安になるからです。
自己PRに使うには最適な体験談であるといえますね。

どんなアルバイトでも何かしら考えて行動した事があるはずですから、そのエピソードを詳しく紙に書いてみて自己PRに使えるようにするべきです。

自宅で面接の練習を何度も口に出したり、頭の中でイメージトレーニングすることで本番の面接に自信をもって臨めるようになります。

まとめ

新卒での就活は一生に一度しかない機会です。悔いの残らない就職活動を頑張ってください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ