就活面接で上手く話せないのは緊張しすぎ?口下手は不利なの?

就活の悩みの種といえば、面接の時に上手く話せるかどうか不安になることですね。あの緊迫した場面で緊張しないで話すことはたいへん難しいと感じていることだと思います。

それでも、採用面接なので今後の自分の人生にも関わってくることですし、就職するためには面接は避けて通れません。

スポンサードリンク

では、今回は就活面接で緊張しないようにするにはどうすれば考えていきましょう。

就活面接で上手く話せない悩みを解決したい!

上手く話せない理由は、ずばり、本当の自分よりよく見せようとしているからなのです。ありのままの姿を見せては落ちてしまうという気持ちが強すぎて緊張してしまうのですね。
034133
解決策としては、いっそのことこの会社に採用されなくてもいいやと開きなおることです。受かればラッキーみたいな気持ちで臨めば自然とリラックスできます。
会社は一つではありません。
今回ダメだったとしても次のチャンスがあります!

スポンサードリンク

就活面接で緊張しすぎをなくしたい

面接で緊張してしまうのは面接管から何を聞かれるかわからないからです。
対策できることとしては、あらかじめ質問を予想してそれに対する答えを考えておくことです。

ただ、いくら頭の中で考えていたとしても、いざ本番の面接では独特の雰囲気にのまれてしまって頭が真っ白になり、しどろもどろになることもあります。

面接管も受験者が緊張するのは当たりまえと思っていますので、できるだけいつもの自分を出せるようにあらかじめ練習しておきましょう。

就活面接で口下手は不利なの?

口下手だから即不合格というわけではありません。ただし、流暢に話す方が会話も弾みやすいことが確かなので有利なのは否定できません。

口下手だと沈黙する時間が長くなることがありますので、その時間を何とかごまかす必要があります。その間に考えがまとまったらつっかえてもいいから伝えたいことを話すだけです。

口下手でも一生懸命に話す姿が、真剣さや熱意が相手に伝わることもありますので最後まで諦めずに就職活動を続けてください。

まとめ

就活面接で上手く話せないのは当たりまえ、それだけ真剣に考えている証拠です。事前の対策だけはやったくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ