入社式の前日に緊張するし眠れない時は?辞退するのはあり?

この春社会人として第一歩を歩みだそうとする皆様、就職おめでとうございます。
この先、たくさんの試練があると思いますが一つ一つ解決していき一人前になれるように頑張っていきましょう。

スポンサードリンク

さて、いよいよ入社式が差し迫ってきましたが前日はどのような気持ちでお過ごしでしょうか。
やる気満々な人が多いでしょうが、中には緊張して眠れそうにないといった人もいるのではないでしょうか。
今回は、入社式前日の気持ちの整理の仕方をご紹介していきます。

057054

入社式の前日に緊張するのは当然なの?

今まで働いた経験もなく新しい環境へ入っていくわけですから緊張するのは当たり前のことかもしれません。アルバイトの経験があるとしても正社員として働くのでは受けるプレッシャーも桁外れに高くなりますから前日に落ち着かない気持ちは痛いほどわかります。私もひどい時にはお腹が痛くなったりすることもありましたよ。

緊張しているのは自分だけではないと思ってジュースを飲みながら音楽を聞いたり、入社式に行くまでのイメージトレーニング(当日は何時に起きて、家を何時に出て、どの列車やバスに乗り何分で会場に行けるかなど)をしておけば随分とリラックスできますのでやってみてください。

スポンサードリンク

緊張は予測できないことに挑もうとするからおこるのであって、できるだけ心の準備をしておくとよいです。

入社式の前日に眠れない時どうする?

何か不安になることがあれば眠れなくても無理はないですね。これまでの学生生活の時の新学期の前日にも同じように心配で心配でやるせない思いだったのではないでしょうか。

殊に、入社式の前日というのは一生に一度のことですので高ぶった気持ちを抑えるのはなかなか難しいことです。よく遠足の前日はウキウキして眠りにつくのが遅くなったり、スポーツ選手が試合前日に眠れなかったりするのも緊張しているからこそであります。

眠れない時は無理に眠ることはしなくてよいと思います。ただし、入社式当日に疲れた状態で行くと困りますので布団の中で目を閉じて休むだけでもかなり違います。

入社式の前日に辞退するのはあり?

入社式前日に辞退することは雇用契約をしていない状態でありますから可能ではありますが、常識的な範囲で考えればありえないことですね。

しかしながら、内定時の条件と著しく給与や賞与、居住条件や休日等の福利厚生面が違うと気づいた時は入社前日でも辞退する例があるようです。
あまりにも劣悪な労働条件では入社してからが大変ですし、もしこのようなケースであれば辞退するのが賢明であると思われます。

いずれにしても残業の連続で体を壊さないように自分の健康のことを大切に考えてくださいね。

まとめ

明日の入社式は、みんな緊張感がある中で会場へ入るはずです。気負うことなく入社式を楽しんでください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ