入社式の自己紹介の内容は?例文は?抱負や趣味を言う?

入社式を迎える新社会人のみなさん、まずは入社おめでとうございます。
さて、入社式当日やその後の懇親会などで自己紹介をする機会があるかと思います。
就活の時の面接でも自己紹介を言ったことがあるでしょうが、その時と同じことを言ってもいいのでしょうか?

スポンサードリンク

そのままでは少し堅苦しい表現になってしまうので、入社後のための自己紹介を考えておくべきです。

今回は例文をまじえながら新入社員に相応しい自己紹介を考えていきましょう。
068130

入社式の自己紹介の例文は?

会社や状況によって自己紹介の長さは30秒だったり、1分や3分だったりと使いわけなければいけませんが長く言えるくらいのネタを用意しておけば、途中でカットしたり対応できますので3分使う場面を想定しました。

「○○大学○○学部を卒業しました○○と申します。出身は○○県の○○市の田舎です。私は中学から始めた野球を高校と大学でもずっと続けてきました。一応、野球観戦も大好きで好きなチームはカープです。大学時代は野球部で汗を流すかたわら、コンビニでアルバイトをしておりました。そこではいろいろ勉強させていただき、様々なお客様を接してきて臨機応変に対応する力がついたと思っています。
趣味の話になりますが、鉄道旅行が好きでいわゆるプチ鉄道おたくっぽいところがあります。特に電車が線路を走る音に興味がありまして、個人的には京急の羽田空港行きの電車音が気に入っています。
常に前向きに生きることをモットーとしており、落ち込むこともありますが立ち直るのが早い性格だと自覚しておりませす。このたび、社会人になるにあたってよい部分は伸ばしていき、短所として認識しているところは少しでも修正できたらと思っています。
これから実務経験を着実に積んで、先輩方のように1日でも早く会社の戦力になれるよう努力していきますのでどうかよろしくお願いします。」

スポンサードリンク

自己紹介のポイントである、出身地、大学時代のこと、趣味、性格、目標などを取り入れた例でありますが、これを元の長くするか短くするか工夫してみてください!

入社式の自己紹介で抱負をどう語るの?

入社後の抱負を言うとなると何を言っていいのか困惑してしまいますよね。
まだ仕事をしていないわけですから具体的な事を語る必要はなく、ある種の決意表明でよいのではないでしょうか。

「これから頑張っていきます」「毎日の目標を決めてそこに向けて突き進みます」のような感じでいいでしょう。

入社式の自己紹介に趣味は入れるの?

趣味は30秒程度の自己紹介では入れなくていいし、2分や3分の長めの自己紹介であれば入れるべきです。趣味を語ることでその人がどのような物に興味があるのか、性格などをわかってもらえます。

また、職場の同僚や先輩と打ち解けるのも趣味がきっかけになる事も少なからずありますからね。どんな趣味でもいいのでまとめておくとよいですよ。

まとめ

人前で自己紹介をするのは緊張するでしょうが、社会人としてのはじめての試練と思って頑張ってください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ