新入社員の歓迎会での挨拶はどんなことを言う?【例文入り】

新入社員として新たに社会人として働く人にとってはやる気に満ちあふれていることだと思います。まずは職場環境に慣れることを第一に考え、それから仕事を徐々に覚えていけばいいでしょう。
新しく配属された場所ではいきなり難しいことを任されたりすることはまずないでしょうからその点は安心していいでしょう。

スポンサードリンク

しかし、会社の新人にとって乗り越えなくてはいけないことは新入社員歓迎会です。先輩方に開いて頂くのはありがたいですが、実は当の本人にとっては意外と緊張する場面なのです。
会社の規模にもよりますが、50人もの大勢が参加する歓迎会から部門や課などの10人以内の少人数で開かれる歓迎会があります。
どちらにしても、初めてのことなので何を言っていいのかわからない方が多いと思いますので新入社員の歓迎会で恥ずかしくない挨拶をご紹介しますので参考にしてください。
084200

スポンサードリンク

自己紹介を取り入れた挨拶

「本日は、新人の〇〇のためにこのような歓迎会を開いていただきましてありがとうございます。私は〇〇県の出身で今までずっと田舎暮らしをしておりましたので、また都会の生活には慣れておりません。初めてのひとり暮らしと会社での仕事に早く慣れていきますのでどうかよろしくお願いします。」

少し趣味なども言ってもいいかと思いますが、あまり特殊なことを言うと後々会社内で名前で呼ばれることなくあだ名をつけられることになりかねませんから無難な趣味を言っておきましょう。

少しユーモアを取り入れた挨拶

「このたびは、未熟な私のためにこのような盛大な会を開いてくださいましてありがとうございます。先輩方の仕事ぶりを拝見させていただいていると、早く自分も追いつけるようになりたいと思う今日この頃です。今日の歓迎会は私にとって一生忘れないような歴史に残る行事にしたいと思いますので、これからもご指導よろしくお願いします。」

歓迎会に対して感謝をしている気持ちを込めた言葉です。常識的な範囲内のマナーは忘れずにしてください

まとめ

歓迎会の挨拶ですから、肩の力を抜いて気楽に構えてもいいでしょう。少しくらい言葉が出てこなくても新入社員だから許してもらえる事はよくあります。
1年目は仕事でも失敗を恐れずに挑戦していくように、歓迎会の挨拶でも完璧なことを言う必要はありません。

上がり症で話すのが苦手な方は、人に向かって話すと思わずにスイカに向かってつぶやいていると思い込めば緊張しないものですので実践してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ