会社辞めたい理由を上司に何て言うの?人間関係に疲れた?辛い残業?

誰しも会社を辞めたい気持ちになるのは一度や二度はあるものです。理由は置かれた状況などによって人ぞれぞれあると思います。おそらく、もう限界だと感じた時に決心して会社に退職を申し出ることでしょう。

スポンサードリンク

しかし、いざ辞める時になると意外と勇気がいるものですよね。

それでは今回は会社を辞めるときの理由をご紹介していきます。

会社辞めたい理由は上司に何て言えばいい?

会社を辞める時に上司に本音を言うべきか、形式的なことを言うべきか悩むところですね。
これは、上司との関係が上手くいっているときは本音を言ってもいいですが、上司と会話もなくほとんど話すこともない状態では本当の事を言わずに家庭の事情などを持ち出すのが賢明でしょう。
131323
例えば、家庭の事情を持ち出す場合は、「両親の介護をしなければいけない」とか「実家の家業を継がなければいけない」とかの話を持ち出すのではないでしょうか。

このような理由ならば、上司も納得するでしょうし後々もめることはないから安心です。

一方で、「仕事の量が多いから疲れた」とか「今の仕事に向いていない」とか言ってしまうと話がややこしくなり、会社側は配置転換とか担当の仕事を変えるなどで対処しようとします。
ただ、今の会社から逃れたいのに、引き留められてストレスがたまる結果となりますので、このような事は信頼のおける上司にしか言わない方が無難でしょう。

信頼のおける上司なら、自分の今の気持ちを察してくれたりしてお互いに遠慮なく話し合えることができます。
ですから、退職を申し出る相手によって理由を考えるべきなのです。

スポンサードリンク

会社辞めたい理由は人間関係に疲れたと言える?

上司や同僚との人間関係が悪化してしまって会社を辞めたいという方は実に多いのです。いろんなタイプの人間が組織の中で働いているわけですから、どこかで衝突があって当たり前です。

では、退職理由に人間関係が悪くなって疲れたといえるのでしょうか。上司には決して言える理由ではありませんよね。誰しも合う人合わない人それぞれいるはずで、会社という組織ではことさら対人関係がギクシャクする傾向にあります。

人間関係に疲れた時は何か別の理由を言うべきだと思います。例えば、「行きたい会社があるからそこに行く予定です」とか、「やりたい仕事があるからそれに向かって専門学校に行く」とか言ってみるのがベストです。

人間関係を辞める理由に言ってしまうと、「そんなのどこの会社に行っても同じようなことになるぞ」と怒鳴られるはめにあう可能性がありますよ。

会社辞めたい理由は残業が多くて疲れたで通用する?

残業が多く毎日のように深夜まで会社にいる。そんな生活では身体も心もまいってしまいますよね。
では、それを会社を辞める理由に使えるのかというと、使える時もあれば使えない時もあります。

上司に「残業が多くて毎日残業をするのが疲れました。もう会社に来るのは無理です。」と言ったとても部署移動などの改善策を提案してくれると思いますし、「みんなも我慢して残業をしている」とか言われるかもしれません。

とにかくもう会社を辞めると決めているなら、残業が多いのは理由の一つにして「もっと違う環境で別の分野でやってみたいことがあります。」などと言うのがベストです。

残業はどこの会社でも多少はあると覚悟して次の会社に転職された方がいいです。

まとめ

会社を辞めるうえで上司を納得させる理由を考えるのは本当に苦労するものです。
次の職場で上手くやっていくためにもできれば自分も会社も納得できる辞め方をしたいものですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ