職場の飲み会でぼっちにならない過ごし方は?参加しない方法は?

014769
親睦をかねた会社の飲み会が年に何度かはありますよね。多い会社だと月に一度もあったりすることもあるのではないでしょうか。そんな人がたくさん集まる場で、顔は知っているけれどあまり話したことがない人と会話をするのが苦手な方や、場の雰囲気が好きでない人もたくさんいるのです。ぼっちになりがちな飲み会にはできれば参加したくないと悩んでいることでしょう。

スポンサードリンク

では今回は、ぼっちにならないための飲み会の過ごし方をご紹介していきます。

職場の飲み会でぼっちになるのが不安

このような不安になる人が多いのは、集団の輪に入っていくことが苦手なタイプなのです。既に会話が盛り上がっているグループの中に途中で話に入っていくのは勇気がいるものです。タイミング的にいつ話に入っていけばよいか考えてしまうと余計にぼっちになるのではないかという不安に襲われます。

このような不安は楽しそうに飲み会を過ごしている人にも少なからずあるようです。慣れるには数をふんで何度も飲み会という場に参加するしかないのです。

職場の飲み会の過ごし方

二通りの過ごしか方があります。

スポンサードリンク

一つは、積極的に席をまわって無理やり会話をしてみる。この方法を実践すれば、ぼっちになる心配はないでしょう。
会話のコツは聞き役に徹することです。単純に「そうなんですか?」「本当ですか?」などと相槌を打つだけでもよいのですが、話を聞き出すような相槌が効果的です。自分で話をするよりも相手に話をさせる方が時間も長くもちますし飲み会なんてあっという間に終わってしまいますよ。

もう一つは、食べることに集中して他の人には自分からは話さずに聞かれたら話す。とにかく食事に専念することです。
他人との親交を深めるという意味ではよくない過ごし方ではありますが、個人的に親しい人と別の日に食事などに行けばよいのです。

仕事でしっかりと結果を出しておけば飲み会などで同僚や上司のご機嫌をとる必要はまったくありません。

飲み会に参加しない方法は?

強制参加でなければ飲み会に参加しないという選択肢もあってよいのではないでしょうか。
飲み会が半年に1回程度なら家庭の都合などの理由で欠席すれば余計な心配をしなくて済みます。

参加しない理由のネタ切れの心配もありますが、何度か欠席していれば自然と飲み会には参加しないキャラクターと思われますので断る手間がかかりません。

まとめ

無理をして飲み会を楽しんでいるというオーラを出す必要はありません。ありのままの自分でいないと疲れてしまいます。飲み会を頑張るよりも仕事で結果を出して認めてもらいましょう。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ