新入社員の歓迎会での自己紹介の例文!お礼メールは?心得は?

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
社会人になりしばらくすると多くの職場では新入社員の歓迎会を開いてもらえます。
学生の時の飲み会とは雰囲気が違って緊張してしまいそうな方もいるのではないでしょうか。
そして、困ってしまうのが自己紹介を人前で発表しなければいけないことですね。
どんな事を言えばいいのか悩んでいる方も多いはずです。

スポンサードリンク

では今回は、新入社員の歓迎会での自己紹介のネタを例文を交えて解説していきます。

新入社員の歓迎会での自己紹介は何を言う?例文は?

職場によっていろいろなやり方があるかと思いますが、名前と学校名と出身地ははじめに言うべきです。
それから少し趣味と特技などの話をするといいでしょう。一発芸とかやらなくてもよい歓迎会だったらだいたいパターンが決まっていますから心配する必要はありません。

緊張してしまうと声が小さくなりがちになりますので腹から声を出すような感じで話すと上手くいきます。元気でいい声は第一印象がよくなり早く覚えてもらえますよ。

新入社員の歓迎会での自己紹介の例文

○○大学(高校)卒業の○○です。出身地は○○県の田舎の方に家があります。学生時代は卓球部に入っていました。今度温泉に行く機会があれば是非、温泉卓球大会をやってみたいです。

スポンサードリンク

趣味は特にありませんが、休みの日は近場をドライブするのが日課になっています。車をまだもっていないので一生懸命働いて購入したいです。

どうかよろしくお願いします。

新入社員の歓迎会のお礼メールは必要なの?

歓迎会をしてもらった翌日に何らかのお礼を言うことは必要ですがお礼のメールはする必要がありません。
一般的に考えればお礼メールをする慣例があるのはごく一部の会社です。

特に新入社員であればお礼は次の朝に直接「昨日は歓迎会ありがとうございました。」などと言えばよりいっそう顔を覚えてもらえますし、自分をアピールする機会が増えます。

新入社員の歓迎会の心得は?

新入社員が主役とはいえ、やはり上司に気を使わなければいけません。
歓迎会は職場の親睦という意味合いもありますのでただ自分の席に座っているだけではいけません。

積極的に自分から席を移動して先輩や上司に挨拶をしていけば好感度が上がることは間違いないです。
はじめは苦痛に感じるかもしれませんが、何度もやっていくうちに慣れていくものです。
また、職場の人と仲良くなるのは飲み会などで話すことが最も簡単な方法なのです。

職場での飲み会は年に何度かありますので、はじめは練習のつもりでどんどん失敗をしていけばいいのです。
1年目は多少の失敗など責められたりしないのが特権です。

まとめ

年齢層の方が参加する歓迎会ですが、緊張するのは当たり前です。
恐れることなく、いろんな人を会話してみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ