萩焼まつり2016の混雑状況は?駐車場や渋滞は?見どころは?

124594
萩は山口県の日本海側に位置しており歴史のある観光地として知られています。
ゴールデンウィークの5月1日~5月5日までは萩焼まつりが開催され全国から観光客が訪れます。
一度は萩へ行ってみたいけど、どれくらい人が多いか気になるとことですね。

スポンサードリンク

では今回は、萩焼まつりの駐車場や混雑状況や萩の見どころなどをご紹介します。

萩焼まつりの駐車場の混雑は?

萩焼まつりの会場は萩市体育館でその周辺の駐車場も非常に混雑していて例年のように満車になっています。
臨時駐車場が旧明倫館跡に設置され、そこからシャトルバスが会場まで走っています。

スポンサードリンク

萩の観光も兼ねているなら、ホテルか旅館に車をとめてそこから貸自転車で会場まで来た方が駐車場探しをすることもなくまつりに集中することができます。

萩の見どころは?

萩には見どころがたくさんあります。
指月城、松陰神社、東光寺、松下村塾、木戸孝允旧宅、高杉晋作誕生地、伊藤博文旧宅、笠山、明神池、道の駅萩しーまーとなどです。

史跡めぐりはさらっと通り過ぎるのではなく是非じっくりと歴史の流れを考えながら見てほしい場所ばかりです。
そういった意味では貸自転車で市内観光をすることがおすすめです。

歩いて散策するのと比べると時間の短縮もできますし体力も温存でき、車で移動するよりも小回りができ予想もしていなかった穴場スポットを発見できるかもしれませんね。

まとめ

萩焼まつりをはじめ萩市内の観光は自転車で移動すると渋滞に巻き込まれることなく安心です。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ