ぼっち飯は大学では辛いの?気楽で気にしない?対策を検証!

125203
晴れて大学生になり楽しい学生生活になると思っていたら孤独に苦しんでいる方もいるのではないでしょうか。
学食に行くにしても一緒に食べる友達がいないのでしかたなく1人で食べることになることもあります。

スポンサードリンク

1人で学食で食べると他人の目が気になって二度と行きたくないような気持ちになってしまいますよね。
いわゆる「ぼっち飯」は社会的に悪いことなのでしょうか?

大学生にとって今最も気になるぼっち飯について検証していきます。

ぼっち飯は大学生にとって辛いことなの?

新入生にとっては高校生活の延長のような感覚が残っているかもしれませんので、気の合う友達と一緒にお昼ごはんを食べることが当然と思っているかもしれません。

しかし、大学という場所は学部や学科が同じだとしても履修する科目によって単独で行動することが非常に多くなります。したがって、昼の時間も知り合いと合わないまま学食へ行くことも頻繁にあります。
学食に行くと会話が弾んでいるグループしか目に入らないかもしれませんが、よく見ると1人で堂々と定食やラーメンを食べている姿に気づくはずです。

スポンサードリンク

学食で1人は辛いのははじめだけです。少しずつ慣れていくはずです。

ぼっち飯を大学生は気楽で気にしないのが賢い?

大方の大学生は数ヶ月から半年くらいで大学生活にも慣れ、ぼっち飯なんて大したことないと思うようになってくるのではないでしょうか。
ぼっち飯のメリットは自分のペースで食べることができる、他人の会話を聞かなくて済む、食事が早くできるなどがあります。その反面、団体でしか行動できないタイプの方は将来に社会人になった時に苦労する可能性があります。

今現在、ぼっち飯だからといって落ち込む必要はありません。
友達というのはいたとしても離れていったり、また新しくできたりするものです。いちいち人間関係に悩んでいるよりも、自分の趣味やこれからやっていきたい夢などを真剣に考える方が賢いといえます。

ぼっち飯の対策は?

ぼっち飯をやりたくないのであれば友達を無理やり作るしかありません。ただし、自分に無理をして友達を作ったとしても決して長続きはしません。

また、便所飯などはやめましょう。それをやるなら誰もいない教室などでパンを食べたり、家に帰って食べてはどうでしょうか。

まとめ

ぼっち飯は恥ずかしい事だという風潮がありますがそんな事はありません。
悩んでいるより将来に向けて自分を磨くことに時間を使ってくださいね。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ