連休明けに会社に行きたくない人は休む?仕事が憂鬱でやる気なし?

115426
連休明けの朝というのは誰でも会社に行きたくないものですよね。
朝の通勤中に行ってみたら会社がなくなっていたらいいなあなどと考えたこともある人もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ただ、社会人というものは仕事が嫌で簡単に休むわけにはいきませんね。
今回は連休明けの憂鬱になる気持ちの問題について解説していきます。

連休明けに会社に行きたくない人は休むのはあり?

連休明けといってもいろいろあるでしょうが、通常の土日の休みとゴールデンウィーク、お盆・夏季休暇、年末年始休みでは憂鬱になる度合いは異なります。

休みの期間が長ければ長いほど、連休明けの倦怠感や疲れた感覚は強くなる傾向があります。
症状が酷い人では会社を辞めるといったことにまでつながります。

では、休んだら解決するのかといえばそんな単純な事ではなくますます会社に行きずらくなるでけです。
ですから、月曜日などの連休明けは体調が許す限り這ってでも会社へ行ったほうが自分のためになります。会社へ行って席に座っているだけでも仕事の雰囲気に慣れてきてやる気も少しずつ出るかもしれませんよ。

スポンサードリンク

連休明けに仕事が憂鬱でやる気がない人の対策は?

連休最終日の夕方から憂鬱になる人がほとんどではないでしょうか。
そんな気分になるのはある程度しかたがない事ですが心の持って行き方のよっては対策できることはあります。

連休明けに憂鬱になる気分を和らげる対策

  • みんなも同じ気分だと思い安心感を与える
  • 仕事をしているおかげで休みが貴重に感じる
  • 今日の1日はあっという間に終わる
  • 次の休みに何をするか考える
  • 初日は何もしなくていい

このように考えると自分に負担を与えなくて済みますし、仕事に対する重圧からも解放されます。
憂鬱になりすぎてお腹が痛くなったり体調が悪くなる方はしかたがありませんが、ちょっと気持ちを変えるだけで会社に行く勇気が出ますし楽になるのは間違いありません。

まとめ

連休は長ければそれでけ休み明けにきつい思いをしなければなりません。
もっと買い物をしたいな、もっと家でネットをしたいなと思うのは当たりまえなのです。
休み明けの日だけは頑張っていくしかないのです。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ