会議で発言できない・うまく話せない・意見が思いつかない対策は?

128902
会社の会議は独特の雰囲気があり上司や同僚などの人前で話すのは緊張しますよね。
毎週、毎日のように会議がある職場ではその都度ストレスがたまり、会社に行くのが嫌になってきて最終的には欠勤や退職に追い込まれる人もいるようです。

スポンサードリンク

今回は会議で緊張しないで発言する方法などをご紹介していきます。

会議で発言できないのはどうして?

まずは、会議を実施される前にどれだけその議題についての業務経験を積んできたか、勉強してきたか、失敗をしてきたかを確認する必要があります。
会議というのはそれを言葉で表現する場だけなのです。

仮に会議で発言できない原因が、内容が難しくてわからなければもっとその事について経験をしたり勉強をすればいいのです。
そこまでして発言できなけば自分に自信が持てないだけですので場慣れするしかありません。何度も会議に出ていれば、どのような発言をするべきか自然とわかるようになります。

スポンサードリンク

会議でうまく話せないのはどうして?

上手く話せないのは、いい事を言おうとする気持ちが強すぎて逆に的外れな事を言ってみたりして周囲から批判されることを恐れているからです。
または失敗することを恐れている点です。

会社内の会議では失敗してもいい場と思って割り切って参加するか、事前にイメージトレーニングをして今日は何を話すかある程度決めておいてもいいのではないでしょうか。
その後、うまくいけると実感できたらその場で考えても話せるようになります。

自信を持って話すことが緊張もしないし会議でうまくいく秘訣です。

会議で意見が思いつかない対策は?

会議中になかなか意見がまとまらなくて何も話さなかったら無能な人間だと思わるのが現実の社会です。
ですから、会議に出るのなら何か発言しなければ評価は下がってしまうことは十分ありえることです。

対策としては新聞やテレビを見て自分なりに考える癖をつけることです。ただボーとテレビを見るのではなく考えながら見るということです。
日々の情報収集と分析力を鍛えることで意見を言える頭に変わっていきます。

まとめ

会議というのは慣れと勇気が大切になります。
失敗を恐れずに少しずつ会議で緊張することがないようになってください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ