夏バテはクーラーで解消できる?クーラー病が頭痛や肩こりの原因?

136066
日本の夏は湿気が多くたいへん過ごしにくい日が続きます。暑いところでは連日35℃~40℃まで気温が上昇する地域もあるのではないでしょうか。
さて、夏バテしないためには涼しい場所で過ごすことが一番ですがクーラーはなくてなならないものですね。

スポンサードリンク

では今回はクーラーで夏バテは解消できるのか、またクーラーで冷えすぎる対策などをご紹介します。

夏バテはクーラーで解消できる?

暑さを我慢していると思った以上に汗をかいて体力を消耗してしまいます。
そのままでいると暑さに鈍感になり気づかないうちに脱水症状になり熱中症になる危険性もあります。
そこでクーラーを有効に使うことが大切になるのです。

クーラーは体を冷やしてよくないと思っている方がいますが、温度を下げ過ぎて冷やしすぎがよくないのであってクーラーそのものは快適に夏を過ごすためや熱中症になる危険を防ぎます。

最近の建物は気密性が高いため、湿気や暑さが室内にこもってしまいます。長時間、その空間にいると身体が高温多湿の環境になれてしまいます。
ですから、日光が当たらない室内にいれば夏バテや熱中症にはならないと考えてはいけません。

スポンサードリンク

クーラー病で頭痛や肩こりになるの?

クーラーは夏バテ防止に有効だといっても冷房の温度を下げすぎてはいけません。
営業などで猛暑の外から帰ってきて、暑くなっている身体を冷やそうと急激にクーラーの温度を下げてしまうことがありますね。その状態が気持ちがいいからついつい長時間も身体を冷やしてしまう結果となります。
これがいわゆるクーラー病になる原因です。

クーラーで身体が冷えると全身の血行が悪くなり、胃腸の働きも悪くなり食欲がなくなります。
また当然、肩こりや頭痛にもなり全身の倦怠感も出てきます。

クーラー病対策はクーラーで身体が冷えていることを自覚する

人によって快適な温度が違いますからクーラーの適正な設定温度も変わってくるはずです。
職場ではいろいろな人がいるわけですから、自分の好きな温度や風向きにできないことはよくあります。

自分では自覚していなくても身体が冷えすぎていることがあります。
ですが、身体が冷えすぎることは避けなければいけません。
手のひらで以下のポイントを押さえてみて、手のひらが温かくて心地よいと感じたら身体が冷えていることになりますので是非やってみてください。

  • 足首
  • 膝の後ろ
  • 二の腕の後ろ
  • 首の後ろ

まとめ

外気との温度差が大きいと身体に負担がかかりますのでクーラーの設定温度は室温が28℃になるようにするとよいです。
24℃以下のなると冷房病になるやすく、28℃以上になると熱中症になる危険性が増えます。
クーラーを上手く使い夏をのりきりましょう。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ