熱中症の車の対策は?車の運転の注意事項は?子供のケアは?

073263
暑い日が続いて夏も嫌になってきているかもしれませんね。
車での移動はエアコンは欠かせないものとなっています。
車中での熱中症対策はいくつかありますが、今回はちょっとした工夫で快適な車の運転ができる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

熱中症の車の対策は?

暑い日の車内は想像を絶する暑さになります。
では、車に乗る時のポイントを整理してみましょう。

  • 水分を携帯して運転する
  • 停車する場所は日陰
  • 車内を換気した後に乗る
  • 日射しをカットして車の温度を上げない

車に乗る時には必ず水分を持ちこまなければいけません。それを運転中にこまめに飲んで脱水症状になるのを防ぎます。
また、飲みかけたお茶やジュースなどの飲み物は持ち出してください。そのまま置いたままにすると高温の車内で雑菌が発生することがあり、それを飲んだりすると食中毒の危険性があります。
クーラーボックスなどの予備の飲み物などを準備しておくとよいです。

⇒おすすめクーラーボックスはこちら

車を駐車させる場所は日陰を探してください。大空駐車場では日光が直接当たりダッシュボードやハンドルが特に熱くなりますから運転席が日が当たらない向きになるように停めましょう。

車内の熱気を外に出すために、一旦ドアと窓を全部開けたうえでエアコンのスイッチを入れます。
車を走りだしても窓は空けたままにして運転席と対角線上にあたるななめ後ろの席の窓を開けておくと換気がスムーズにできます。

日射しが車内へ入らないように、窓にUVフィルム、サンバイザーをつけたりします。
また、長時間停めたままにする時は、ハンドル、ダッシュボード、シートにタオルなどをかけて高温になるのを防ぎましょう。

スポンサードリンク

⇒おすすめUVフィルムはこちら
⇒おすすめサンバイザーはこちら

熱中症を防ぐ車の運転の注意事項は?

運転中は集中しているために交感神経が働き汗が出やすい状態にあり水分補給を頻繁にしてください。
トイレに行きたくないからといって水を飲むのを我慢すると脱水状態になり運転できなくなることに注意しましょう。

上半身が日に当たりますのでアームカバーをつけたり、エアコンを長い時間つけて車内が冷えすぎることに注意します。

⇒おすすめアームカバーはこちら

熱中症を防ぐために車に子供を残さない

お子様を残して車から離れることは短時間であってもあってはいけません。
たとえ、エアコンをつけたままにしていたとしても強い日差しが降り注いでいますし、幼い子供は体温調節機能が不十分で体温が上昇し脱水症状に陥る可能性があります。

したがって、子供を連れて車から離れるようにしてください。

まとめ

暑い日に長時間運転することは準備が欠かせません。
自分の健康状態を把握するとともに子供さんの体にも配慮することが大切です。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ