修学旅行の班決めの方法は?おまじないはある?ぼっちは嫌だ!

132375
修学旅行は学生時代の思い出に残る行事の一つですね。
大切なイベントですので誰と行動をするかもかなり重要なのではないでしょうか。
できれば気の合った仲の良い子と同じ部屋で宿泊したり、食事したりしたいものですよね。

スポンサードリンク

今回は修学旅行の班決めの方法やコツをご紹介します。

修学旅行の班決めの方法は?

学校によって修学旅行の班決め方法は異なります。
生徒が行動する班を自由に決めたり、先生が出席番号順に決めたりするなどいろいろあるようです。
先生が決めるのが最も手っ取り早くて問題が起きにくくてよいのですが、生徒が自主的に班を決まる時にトラブルが生じる傾向にあります。

たったの3日か4日間の事ではありますが人間関係が関わってくるため慎重にメンバーを決めたいところです。
気づいたら同じ班には自分以外はキラキラグループしかいなかったことになったら、相当なストレスです。もはや修学旅行に行きたくないとさえ思ってしまいます。
もし、とても耐えられないような班に入ったら先生に相談をしてみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

修学旅行の班決めのおまじないはある?

班決めは自分の理想的なメンバーにならないことが多く、運まかせと思った方がよいです。
班決めの方法が班長がメンバーを選ぶ方式だとしたら、自分が班長になるか、班長にメンバーに選らんでもらうように頼んでおくことである程度安心できます。

おまじないを当てにすることは現実的ではありません。
基本的に修学旅行の班というのは短期的なものなので誰と同じ部屋になろうが割り切ることも大切なことであります。

修学旅行の班決めでぼっちにならない方法は?

同じ班でぼっちになるのは辛いことですね。
しかし、班決めでぼっちになることなどありえません。
たとえ好きなグループを組んでいいというルールだとしても、どこかのグループに必ず入らなくてはいけないからです。

入るグループがないからと躊躇していては何も始まりません。自分から「私も入れてね!」と言えば誰かは温かく迎えてくれます。
そんな勇気がない方でも先生のフォローがありますからそれほど心配することはないでしょう。

まとめ

修学旅行は学生生活の中でも一生心に残ることが多いです。
是非とも楽しい旅行にしてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ