紫外線を目に浴びると日焼けする?対策は?頭痛の原因は?

140053
紫外線が気になる時期になってきました。
日焼け防止のために顔に日焼け止めを塗ったり、長袖を着て肌の露出を減らしたり工夫されていることだと思います。
では、目に紫外線を浴びることの対策はというとあまりできてないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

今回は目に浴びる紫外線の影響や対策をご紹介します。

紫外線を目に浴びると日焼けするの?対策はある?

目から日焼けするかどうかといえば日焼けしてしまいます。
つまり、目から吸収した紫外線を脳が探知してしまうからです。
結果的にシミやシワやたるみの原因になり、目を紫外線から守らなければ日焼けしてしまうのです。

スポンサードリンク

対策としては外出時にはサングラスをかけることです。さらに隙間からの紫外線を避けるために日傘や帽子を被ることも必要です。
さすがにマスクをするのは暑い中蒸れるし、周囲の目も気になるでしょうからフル装備できることが気にならない方はやればいいでしょう。

紫外線を目に浴びると頭痛になるの?

晴れた日に外出すると目のこめかみ付近が痛くなるような症状が出る人がいます。
肌にはこれといった影響はないけど、日光を浴びると体が不調になることがあります。

これは、日焼けとは関係ありませんが光が原因で脳波に異常が起きる片頭痛です。
紫外線対策だけで治るというものではありませんので専門の脳神経外科で詳しくみてもらった方がよいです。

まとめ

目に紫外線を浴びると日焼けをはじめとして体に様々な影響を与えます。
まずは、紫外線が強い日はサングラスをかけて出かけることを心がけてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ