紫外線から子供を守る対策は?日焼け止めの使い方!やけどケアは?

基本 CMYK
日光がまぶしい季節ですね。紫外線対策はどうされているでしょうか。
小さなお子さんがいるお母様方にとっては自分のお肌だけでなくお子さんのお肌にも注意をしてあげなくてはいけませんね。子供さんの皮膚はデリケートなので日焼け対策はどうすればいいのかわからないで困っているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は赤ちゃんや小さな子供さんの紫外線対策や日焼け対策について解説していきます。

紫外線から子供を守る対策は?

小さな子供の肌は大人が想定している以上に敏感でデリケートなのです。
ですから、子供を強い紫外線にさらさないことが大切なのです。

では何を実践すればいいのかというと、

スポンサードリンク
  • 紫外線が強い午前10時から14時までの時間帯は外出しない
  • UV対策が必要な強烈な日差しの場所へ長い時間いないこと
  • 紫外線が強い海や雪山には行かない
  • 長袖を着せて肌に日光が直接当たらないようにする

とはいっても、昼間に外出する用事が出てくるのが一般的ですから子供用の日焼け止めを塗って短時間で済ませたり、早朝か夕方に外遊びをさせるとよいです。
また、自宅の室内にも紫外線が入って日焼けすることもありますので、窓際にいないようにして遮光カーテンやUVカットシートを貼るといいですよ。

紫外線から子供を守る日焼け止めの使い方は?

お子様には子供用の日焼け止めを塗ってあげることが必要です。
塗り方は、まずは子供用の化粧水と乳液をつけた後に日焼け止めを塗ります。

なぜなら化粧水は肌に水分を与え、水分で潤っているお肌が紫外線を防いでくれるからです。また乳液をつけることで日焼け止めを塗りやすくしてくれます。

万全を期して日焼け止めの上に日焼け止めパウダーを塗ったらさらによいです。

紫外線での子供のやけどのケアは?

万が一紫外線で肌が熱くなりやけど状態になったら、すぐに冷水で冷やしてください。
そして、冷たいタオルをあてて子供さんのお肌を鎮静化してあげます。

いくら日焼け止めや帽子や日傘で対策しても、日焼けはするものです。
ですから、やけど後のケアをきちんとすることが大切です。

まとめ

紫外線が年々強くなる傾向がありますが、昼の外出を避けたり日焼け対策をしっかり行って子供さんのお肌を守ってあげてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ