沖縄旅行の服装は?5月・6月は?夏は?女子は日焼け対策が必要?

 

077744

本州に住んでいる方にとっては沖縄に旅行に行くことはちょっとした南国気分が味わえて気分転換にもってこいの場所ですよね。
修学旅行の行先としても好まれています。
しかし、行く時期によっては住んでいる場所と気候がずいぶんと違うのでどんな服装で行けばいいのか困ってしまうのではないでしょうか。

スポンサードリンク

そこで、今回は沖縄旅行へ行く方のための服装をアドバイスさせていただきます。

沖縄旅行の服装!5月・6月はどうする?

まず沖縄の気候ですが、5月の上旬には梅雨入りします。そして6月の中旬から下旬には梅雨開けします。
本州と比べればかなり早いと感じますね。
ですから服装もそれなりに考えなくてはいけません。

晴れた時は半袖で過ごせますが、曇りや雨の日、あるいは風が強い日は肌寒く感じますので上にはおるものを持っていた方がいいです。
女性であればキャミワンピースにサンダルでも歩くことは可能ですが、薄手のカーディガンやストールをもっていくと安心ですよ。
暑い日の室内は冷房で冷えていますので寒いときに便利です。

スポンサードリンク

沖縄旅行の服装!夏はどうする?

荷物を少なくしたいということで半袖だけで行くのは危険です。
基本的には7月や8月の服装は5月と6月と同じでよいです。

長袖はできるだけ着ておいた方がいいでしょう。現地の人は日射しが強いことを知っていますので真夏で半袖で外出する人はいないのです。
どこかの建物の中に入ることになれば逆に冷房が効いていることから、長袖カーディガンをはおってもよいですね。

沖縄旅行は女子は日焼け対策も必要?

梅雨時期から夏にかけては紫外線が本州よりも強いので、女子は日傘に帽子にサングラス、日焼け止めを塗ることは必須になります。
また熱中症を防ぐ意味でもこまめに水分が補給できるようにするべきです。
服装も夏の日射しを避けるには長袖を着るべきです。
太陽の光に長時間当たると肌がひりひりして火傷のようになりますから、沖縄の日光を侮ってはいけません。
⇒沖縄の気になる口コミはこちら【楽天たびノート】

まとめ

沖縄は暑いから薄着でいいと思っている方が多いですが、紫外線が強く火傷になる可能性もありますので日焼け対策も考えた服装が望ましいです。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ