紫外線が一番強い月は5月か6月?雨の日や曇りは安心?木陰では?

073851
紫外線が気になる季節になりました。昼間の太陽の日差しは本当にきついですね。
紫外線対策や日焼け対策はきちんとできているでしょうか。
肌の老化を防ぐためにも毎日の対策は欠かせません。

スポンサードリンク

では、今回は一年に中で紫外線が最も強い時期はいつなのか雨の日や曇りの日の過ごし方について解説していきます。

紫外線が一番強い月は5月?6月なの?

まずは紫外線の基本的なことを説明しますと、紫外線は波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されます。
私たちが浴びている紫外線のほとんどが波長の長いUV-Aですが、波長が短いUV-Bはわずかしか地表に届かないにもかかわらず皮膚に強い刺激を与えます。つまり、紫外線UV-Bをどれくらい浴びるかで肌への有害性が決まってきます。

紫外線UV-Bの量は季節にとって差が大きいのに対し紫外線UV-Aの量は季節による差がUV-Bほど大きくありません。
日本では紫外線UV-Bが多くなるのは4月から9月までの期間で特に7月と8月が最も多い時期です。
したがって紫外線が一番強い月は7月から8月といえます。

スポンサードリンク

ですから5月は紫外線の量が急に多くなる月であり注意しなければならないのは確かです。
また過ごしやすい季節でもあり、ついつい屋外に出る時にも紫外線に対して無防備になりがちです。
5月からは紫外線に対しての意識をもつことが大切になりますので日焼け対策のことを頭に入れて外出してくださいね。

紫外線は雨の日や曇りの日は気にしなくていいの?

紫外線UV-Bは天候にとって降り注ぐ量に違いが生じます。
晴れの日と比べて量は少ないものの、雨や曇りの日でも紫外線は地表に届いています。

雨の日でも紫外線は晴天の日の2割から3割、曇りの日であれば少なくとも5割程度は降り注いでいることになります。
ですから、雨の日や曇りの日だから安心といったことはなくきちんとしたケアをしてシミやシワのトラブルを防ぎましょう。

紫外線は木陰では安心なの?

日差しが照りつける日の木陰にいれば紫外線の影響は避けられるのかといえば実はそうではありません。
直接に太陽から浴びる紫外線の心配はありませんが、空中や地表からの反射による紫外線は浴びてしまいます。

例えば、海水浴に行って木陰にいたとしても海面や白浜からの光の反射で紫外線を受けて日焼けするといったケースは多々あります。
都会ではアスファルトやコンクリートから反射する紫外線の影響も注意しておきましょう。

いずれにしても、屋外へ外出する時は空から受ける紫外線と地表からの反射による紫外線の両方に注意しなければいけません。

まとめ

最近の日本の夏は暑いです。
紫外線は肌の老化につながりますので毎日の紫外線対策を怠らないようにしましょう。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ