浪人生の夏休みの過ごし方!息抜きや遊びは?勉強時間の計画は?

104736
夏休みがやってきました。浪人生の方は昨年の失敗を糧に今年こそは合格してやると意気込んでいるのではないでしょうか。
その一方で、受験本番までまだ時間がありますので中だるみをする時期でもあります。
夏を征する者は受験を征すると言われております。

スポンサードリンク

では今回は浪人生の正しい夏休みの過ごし方について解説していきます。

浪人生の夏休みの過ごし方は?

まずやるべきことは春から勉強してきたことの総復習です。
予備校に通っている方は予備校の基礎テキストの中でちょっと自信がない箇所を集中的にやってみてください。
まだ夏の期間は焦る時期ではありませんから、毎日コツコツ勉強する習慣を継続することが大切なのです。

予備校の夏期講習の予習や復習に追われて、夏休みが終わった時に結局何も身に付いていなかったということがないように自習時間にやる内容はとても重要なのです。
できれば予備校の授業は知識の確認という位置づけにしておきたいですね。
なぜなら、各自の勉強の進み具合は異なり予備校の進捗に合わせる必要はないからです。

まだ、予備校の授業で教師が言っている事が理解できていないのなら夏休みの間に追いついておき、秋から冬にかけての追い込み時期に向けて備える期間でもあります。
ただ机に向かっているだけではダメで、計画を立てて一日一日を何をやったか簡単にメモをとるといいでしょう。

スポンサードリンク

浪人生の夏休みの息抜きは?

浪人生といえどもやはり勉強ばかりしているとストレスがたまり息抜きが必要です。
息抜きといっても旅行に行ったり、大学生の友人と遊んだりするのは避けるべきです。
なぜなら、大学生の友人は受験から解放され精神的に追い込まれている浪人生とは考え方が違うからです。

大学生は、夏休み=遊ぶ事
浪人生は、夏休み=予備校、模試、復習

という風な思考で生活しています。
一度遊びモードに入ってしまうと、元の生活に戻すのにたいへん苦労しますので浪人生の間は勉強に集中することが賢明です。

息抜きや気分転換は1人でできる方法をおすすめします。

椅子にずっと座ってお尻が痛くなったり腰に負担がかかるのなら、周囲を歩いたり屈伸運動をしてください。
ノートに書きすぎて手が疲れたのなら、手を使わない暗記中心の勉強をしてください。

息抜きの合間に勉強するという逆転現象にならないように気を付けてください。

浪人生の夏休みの勉強時間の計画は?

人それぞれ勉強の進捗度に違いがありますが、朝起きてから夜寝るまでの計画を立てておきましょう。
予備校に通っている方は問題ありませんが、自宅で独学している方はどうしても甘えが出てしまいます。

午前中は3時間、午後は4時間、夜は3時間で合計10時間を目安に継続すればまずは心配ないです。
継続することが最も難しいことですから、昨日はあまり勉強できなかったら今日はその分取り戻すという感じで調整していってください。

まとめ

夏休み期間は浪人生にとっては大切な時期です。
今年の夏は来年の春に合格するためにできるだけ努力をしましょう。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ