横浜開港祭花火大会で浴衣を着るのは早い?少数派?場所取りは必要?

154888
横浜開港祭が5月30日から6月2日にかけて開催されます。
毎年この時期は関東一早い花火大会ということで会場場所の臨空パークは凄まじい混雑となります。
横浜開港祭のフィナーレは盛大は花火大会があります。
季節は6月初めですから浴衣を着るにはちょっと早いのではないかと女性の方は、花火大会の直前まで悩まれているかもしれませんね。

スポンサードリンク

では、今回は横浜開港祭に浴衣で行っても恥ずかしくないのか過去の経験をもとに解説していきます。

横浜開港祭の花火大会で浴衣を着るのは早い??

浴衣を着るか着ないかは女の子にとってはとても切実な問題ですね。
他の女性が誰も着ていなかったら自分だけ浮いて恥ずかしいですし、人の目も気になりますからね。

スポンサードリンク

結論からいえば浴衣を着ている人は少数しかいないです。
だた、まったくいないというわけではありません。
毎年、浴衣姿の女性は見ますし、若い年代だけでなく40代から70代までの方まで見たことがあります。
当日の天候と気温をチェックして浴衣でも寒くないと判断して決めてもいいのではないでしょうか。

もし浴衣を着て花火大会へ行くのでしたら夜は冷え込みますので上に羽織るものが必要です。
何しろ横浜で開催される花火大会はまだまだあります。
この6月の花火大会は毎年の傾向から見ると少し浴衣は早いと言わざるを得ませんし少数派になるのは覚悟しておきましょう。

横浜開港祭の花火大会の場所取りは必要?

時間があれば場所取りをしてできるだけよいスポットで見ることができればいいでしょうが、人も多くお仕事などの帰り際に見れたらいいかなと思う程度でも充分花火を見れる場所はあります。

高台や屋上から見れば離れた場所からでも見れるので、敢えて会場まで行かなくてもいいのではないでしょうか。
おすすめは横浜駅直結のベイクォーターからでも見えます。

まとめ

横浜開港祭のクライマックスは花火大会です。
レーザー光線の豪華な演出と音楽との調和は盛り上がります。
当日は横浜駅周辺も混みあいますので怪我のないように気を付けてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ