隅田川花火大会の浅草駅・蔵前駅・両国周辺の混雑状況は?

030673
隅田川花火大会の季節がやってきました。
日本人なら一度は見ておきたい花火大会の一つですが大都会の中で開催されるためたいへん混雑することでも有名です。
特に帰りの電車に乗る時は一斉に駅に殺到しますので事前に混雑状況を知っておく方が安全で安心ですね。

スポンサードリンク

では、今回は隅田川花火大会の最寄駅における混雑情報をお伝えします。

隅田川花火大会の浅草駅の混雑状況は?

浅草駅は隅田川花火大会の第一会場と第二会場とも近く便利な駅ですから当日の昼ごろから人が多くなります。
浅草駅は東京メトロ銀座線、都営浅草線、東武スカイツリーラインが乗り入れる交通の要所です。
したがって、花火大会以外の浅草観光が目的で来る観光客も当然多いです。
16時くらいには相当混んでいます。
また、友人や恋人との待ち合わせには携帯がつながらないこともあり、当日の浅草駅は適していませんので別の駅などで待ち合わせたうえで行くべきです。

帰りは21時くらいに、第一会場の人気スポットである隅田公園や汐入公園から浅草駅に向かって人の流れが多くなり、花火大会の帰りは通勤ラッシュ並みの激混雑必至です。

スポンサードリンク

小さなお子様を連れていたり、人混みの蒸し暑さを避けるには花火大会が終了する前の20時くらいに早めに帰ることも考えた方がよいでしょう。
それか、1時間くらい会場にとどまっておいて浅草駅に行く時間を遅らせる方法もあります。
なお花火が見れたらいいかなと軽い気持ちで行くのであれば浅草駅には行かない方がよいです。駅に入るのに入場規制もかかります。

浅草駅の混雑を避けて花火を楽しむプランとしては、浅草橋(JRまたは都営浅草線)で18時くらいに降りて江戸通りを蔵前・浅草方面に歩いていきます。江戸通りは18時から歩行者天国になりレジャーシートを敷いて見れば浅草駅の混雑に合わなくて済みます。

隅田川花火大会の両国周辺の混雑状況は?

両国駅は第二会場に近くそこから歩いて行ける距離ではありますが、こちらも午後から凄く人が多いです。
両国はよそから来た花火見物客と地元に住んでいる人で混雑します。

両国は道が狭く花火会場からも少し遠いですので見えにくかもしれません。

隅田川花火大会の蔵前駅の混雑状況は?

都営大江戸線の蔵前駅は帰りは入場制限があるほど混雑します。
降りたらすぐに鑑賞スポットだからですね。

江戸通りが18時から歩行者天国になり道路に座って見ることができます。
なお場所取りはそれまでできないので夕方には到着しておくとよいです。

まとめ

やはり、隅田川花火大会の最寄駅というのは混雑するのはしかたがありません。
よく見える場所を探して思い出に残る日にしてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ