東京湾大華火祭のお台場の場所取り・混雑状況は?海浜公園の屋台は?

079283
今年も夏の大イベントである東京湾大華火祭がやってきます。
東京都内で開催される花火大会でも屈指の規模で、尺五寸玉の花火が目玉です。
お台場周辺で見ようとする方も毎年たいへん多いですが、場所取りや混雑状況など気になるところですね。

スポンサードリンク

では、今回は東京湾大華火祭をお台場で楽しむための情報をお伝えします。

東京湾大華火祭のお台場海浜公園は場所取りが必要??

お台場で花火を見るスポットは、お台場海浜公園、デックス東京ビーチ、アクアシティお台場、ダイバーシティ東京、潮風公園など盛りだくさんです。
中でもお台場海浜公園が激混みスポットで早朝から場所取りしなければ昼くらいにはうまってしまいますので交代で番をしておきましょう。
なお前日からの場所取りは基本的には禁止されていますが、深夜から人はいます。
ですが、当日の朝から行けば場所の確保はできます。
持ち物としてはシートが飛ばないようなおもりがあると便利です。

デックス前や展望広場辺りはかなり混雑しますが、穴場スポットとしてお台場学園港陽小学校。中学校周辺では案外人が少ないです。

スポンサードリンク

また、潮風公園の太陽の広場も寝そべって花火を鑑賞することができ、場所取りの激戦区となっています。
こちらも、午後には場所を確保しなくてはいけません。

なお、ダイバーシティ東京は屋上から見るとフジテレビが邪魔になりおすすめしません。

東京湾大華火祭のお台場周辺に屋台はあるの?

お台場海浜公園には夏町りに出店するような露店屋台風なお店は残念ながらありません。
ですが、一部の場所では売店が出店します。マルエツやコンビニ前など。そして、潮風公園には露店が出ます。
ジュース、焼きそば、イカ焼き、フランクフルト、綿あめなどならそこで買えますので心配ありません。

東京湾大華火祭のお台場の混雑状況は?

帰りのゆりかもめ、りんかい線の電車はたいへんな混雑になることはいうまでもありません。
昼から花火終了までは混雑を避けるのは不可能だと思っていいでしょう。

そんな中で唯一、大混雑をさけて花火を楽しめる方法があります。
花火が終了する30分から1時間前にゆるかもめに乗ります。新橋方面の列車に乗れば窓から何分間かは綺麗な花火を見ることができます。

まとめ

お台場は東京湾大華火祭には外せない人気スポットであり、混雑する場所であります。
当日は計画的に行動して怪我のないように楽しんでくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ