夏休みの過ごし方!中学生の受験生は?睡眠時間や宿題はやる?

082575
来年受験をむかえる中学3年生にとって夏休みから受験勉強を本格的にはじめる方も多いのではないでしょうか。
夏休みは受験の天王山と言われている通り、やるかやらないかで自分が行きたい高校へ行けるかどうかが決まることもあります。
なぜなら、秋から冬にかけてはみんな必死になって勉強をするのでそれほど大きな差がつきにくいからです。

スポンサードリンク

受験生にとって夏休みをいかに有効に過ごすかが重要なのです。
では今回は中学生の受験生の夏休みの過ごし方についてお伝えしていきます。

夏休みの過ごし方で中学生はどうする?

受験生とはいってもさすがにまだ夏休みで試験本番まで時間がありますから、毎日地獄のような勉強漬けの日々をする必要はありません。
なんといっても受験は長丁場ですから、夏休みで疲れてしまっては意味がありません。

では具体的にはどのようね生活をすればいいのでしょうか。
まずは学校がある時のように規則正しい生活をすることが大切です。

  • 朝は7時に起きる
  • 朝食、顔を洗う、歯磨き、新聞などを9時まで
  • 9時から勉強する
  • 10時から10時30分の間にお茶を飲んだりして休憩
  • 12時まで勉強
  • 12時から13時まで昼ごはん休憩
  • 13時から30分くらい昼寝してもよい
  • 14時から17時くらいまで勉強
  • 17時から18時まで散歩など軽い運動
  • 18時から19時まで夕食
  • 19時から21時まで勉強
  • 21時から23時までスマホやテレビなど自由時間
  • 23時から寝る

このスケジュールで合計約8時間も勉強することになっていますが、部活や塾や他の行事が何もない日を想定していますので毎日やる必要はありません。

スポンサードリンク

また中学生ですから遊ぶことも時にはあってもいいのです。

夏休みに中学生の受験生は宿題をどう片付ける?

夏休みの宿題は受験生にとっては面倒だと感じることでしょう。
夏休みは自主学習をさせる期間として学校によっては宿題を2年生より少なくしている学校もあるようです。
そうはいっても相変わらずやりたくない作文系や自由研究の宿題はありますね。

まず数学、英語、国語、社会、理解の問題集の宿題ははじめの3日か4日くらいで終わらせる勢いでやりましょう。
税の作文や読書感想文、美術の作品作りなどは、本を読んだり、調べたり構想を練ったりする時間が必要ですのですぐには取り掛かれないはずです。
ですから、主要5教科の勉強に疲れたり飽きたりした時にコツコツ考えてみて、夏休みの後半にやるのが効率的です。

受験生だからといって宿題をやらなかったでは理由になりませんので注意してくださいね。

夏休みの中学3年受験生の睡眠時間は?

夏休みは直前期ではありませんので睡眠時間を削ってまでも勉強する必要はありません。
中学生という成長期を考えれば7時間以上は寝たいですね。

部活をまだやっている方は疲れてすぐ寝るでしょうが、夜遅くまでスマホゲームにはまったりテレビを長く見ていると夜型生活に変わってしまいます。
夏休みに今までと生活スタイルを変えないようにすることが大切なのです。

まとめ

暑い夏ですが体調の維持には気を付けてください。
そして、夏休みが終わった時に何もやってなかったと後悔しないように充実した時間を過ごしてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ