葛飾納涼花火大会の最寄り駅は?柴又・金町駅の混雑は?場所取りは?

082411
葛飾納涼花火大会の季節が今年もやってきましたね。
この花火大会の特徴としては葛飾ゆかりのキャラクターを表現した花火が打ち上げられることです。
日本最古の花火である和火はも葛飾ならではの名物です。

はじめて葛飾の花火大会へ行く方はどこの駅で降りていいのかわからないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は葛飾花火大会の最寄り駅は混雑状況、さらには場所取りの事までお伝えします。

葛飾納涼花火大会の最寄り駅はどこ?

最寄り駅は京成金町線の柴又駅から徒歩10分、京成金町線の金町駅、JR常磐線の金町駅から徒歩20分です。。
いずれの駅も花火大会当日の夕方からは激混み状態ですのでプラス10分~20分くらい見ておくとよいです。
また、北総線の新柴又駅がわりと空いておすすめで徒歩で15分くらいです。

待ち合わせする場所は、新柴又駅か柴又帝釈天の前あたりがよいです。
金町駅や柴又駅などの混雑する場所での待ち合わせは、人が多くて見つからない可能性があり携帯もつながらないこともあり避けるのが無難です。

スポンサードリンク

葛飾花火大会の柴又駅・金町駅周辺の混雑状況は?

柴又駅も含めて柴又側はたいへん混雑しています。それに対して松戸側の河川敷は人も少なく余裕で見ることができます。
ただし、松戸側は最寄り駅がないため不便です。
ですから見るとしたら柴又側で場所取りをして見るのがおすすめです。

ちなみに松戸側の駅は北総線の矢切駅、JR常磐線の松戸駅ですが徒歩で30分以上かかります。

柴又街道は交通規制がかかり、下町風情を感じながら通りで花火鑑賞をする人も多くなります。
とにかく人が多いので地元の住人は会場まで行かずに、建物の隙間から見たりしているようです。

葛飾花火大会の場所取りの時間は?

早い人では朝から江戸川河川敷の有料席の横の土手にはシートを広げている人がいます。
平日開催ということもあり、午後からでも十分自分が座れるくらいの場所は確保できますが、よい位置から見たいのであれば早ければ早いほどベストです。

夕方の5時くらいにはかなりの人で河川敷は埋まります。
なお穴場としては新柴又駅から近い方は人が少ないです。

まとめ

下町情緒のある葛飾という地で見る花火は一味違った感動があるものです。
時間に余裕がある方はできるだけ早く会場に足を運んでください。
熱中症には気をつけて楽しい思い出を作ってください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ