名古屋みなと祭花火大会の混雑状況は?駐車場は?おすすめスポットは?

75d60af2075bf3ec46aabc4f47397923_s
待ちにまった海の日名古屋みなと祭花火大会がやってきました。
名古屋の夏の一大イベントであるこの祭ですが、海の日名古屋みなと祭のメインイベントとして名古屋港ガーデンふ頭で開催されます。
はじめてこの花火大会に行く方はどれくらい混雑するのか、地下鉄で行くのか車で行く方がいいのかわからないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は名古屋みなと祭花火大会の混雑状況やデートで行くなら浴衣を着るべきなのか気になる情報をお伝えいたします。

名古屋みなと祭花火大会の最寄り駅・地下鉄の混雑状況は?

最寄り駅は地下鉄名港線の名古屋港駅です。ピーク時の混雑ぶりだけでお祭り気分を味わっているような感覚になります。
花火の開始が19時30分ですから17時より前に到着することを目標にして混雑を避けてください。

混雑を避ける方法として名港線の築地口駅から歩いて名古屋港まで歩いて行くことがおすすめです。
午後からは屋台が多数出ていますのでパレートを楽しみながら早めに会場に入るとよいです。
花火が始まる直前に行くと地下鉄の駅から出れなくなるほど混みますので注意してください。

スポンサードリンク

帰りも同様に名古屋港駅は入場制限があるほど混雑は必至です。数駅くらい(港区役所、東海通、六番町まで)歩いて帰るかあおなみ線の稲永駅まで歩くことも選択肢の一つです。

名古屋みなと祭花火大会のおすすめスポットは?

花火を見るベストスポットは何といってもガーデンふ頭2号岸壁と3号岸壁です。
そこは、スピーカーが多く設置されており最後にあるメロディー花火を存分に楽しむことができるので人も多いですが最適な場所です。
名古屋港水族館の南側の湾岸プロムナードは比較的人も少ない場所です。

遠くから見て楽しみたいという方は、

  • 東名古屋港の大江町の三菱自動車の近くの岸壁
  • 名古屋港ワイルドフラワーガーデンブルーボネット近くの岸壁
  • 稲永町の倉庫街が密集している付近の岸壁

が地元も方もいて狙い目のスポットです。

名古屋みなと祭花火大会の駐車場はどこ?

当日は会場近くまで車で行くことができません。
交通規制が築地交差点から港までの国道154号線が15時から22時まであります。
渋滞も国道23号線、国道154号線は名古屋港方面は夕方はひどくなります。

駐車場は地下鉄名港線の東海通駅、六番町駅近くにコインパーキングがありますが満車になるので早く行くことをおすすめします。
名駅、金山駅周辺は料金が高くなるのでおすすめしません。

まとめ

名古屋港の花火を見てからでないと夏ははじまりませんね。
この夏に素敵な人と過ごして素敵な思い出を作ってください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ