豊田おいでん祭花火大会の混雑状況は?駐車場は?場所取りスポットは?

166904
夏の豊田の祭典といえばおいでん祭でですね。そのフィナーレを飾るのが花火大会です。
東海地方だけでなく今や全国的にも知名度の高い大会となっています。
ただ、はじめて豊田市内に行く方のとって当日はどれくらい混雑するのか、道路はは渋滞するのか、車の駐車場は確保できるのか気になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は豊田おいでん祭花火大会の混雑状況やおすすめスポットなどをご紹介します。

豊田おいでん祭花火大会の最寄り駅や混雑状況は?

最寄り駅は名鉄豊田線豊田市駅、愛知環状鉄道新豊田駅です。
両駅とも当日は込みますが、特に名古屋方面からの来る人が多い豊田市駅では夕方になればかなり人が多くなります。
駅でも混雑を避けるのであれば昼くらいに豊田市駅に到着しておくおことをおすすめします。
しかたなくぎりぎりの時間に行く方は、一駅手前の梅坪駅で降りて会場まで歩いて行くことをおすすめします。

帰りの電車混雑はしかたがありませんね。花火が終わる30分くらい前に早めに帰るか、豊田市内のホテルへ一泊するか、混雑の中を我慢して帰る以外には方法はありません。

豊田おいでん祭花火大会の駐車場は見つかる?

車で行くのなら午前中に豊田市内に入らなければ駐車場を確保するのは難しいです。
仮に車を停めたとしても帰りに駐車場から車を出すのに1時間以上かかることも珍しくありません。
豊田市駅前に立体駐車場がありますが、そこから出るまでに2時間かかったという人もいます。

スポンサードリンク

無料駐車場では、元城小学校グランド、豊田市社会福祉協議会北側、高橋中学校グラウンド、寺部小学校グランド、挙母小学校グランドなどがありますがいずれも早く満車になります。

また当日は交通規制もあり豊田大橋は10時から22時まで通行禁止となるようです。
ですから、名古屋から車で豊田市内に入らないで地下鉄鶴舞線の赤池駅か日進駅辺りまで車で来てそこから電車に乗るのがおすすめです。

豊田おいでん祭の場所取りスポットはどこ?

矢作川の河川敷の協賛席の隣にある久澄橋付近が最も見えるベストポジションですが、場所取りが前日の早朝から解放されているため確保するのは非常に困難です。
どちらかというと、白浜公園北側の高橋の近くが取りやすいでしょう。打ち上げ場所からは遠くなるのはしかたがありません。

さらに矢作緑地川端公園は打ち上げ場所から遠いですが人が少ない穴場スポットです。
名鉄豊田線梅坪駅から歩いて10分くらいです。

高い花火が見える程度の場所なら、桜城址公園、毘森公園などが人混みが少なくておすすめです。
基本的に豊田市駅から土手の方へ向かって歩けば花火は見えます。

あとは見る角度や臨場感にこだわりの度合いで選ぶ場所も変わってくるかと思います。

まとめ

豊田おいでん祭の花火大会は近くで見ると物凄い迫力があり感動ものです。
最後にあるワイドスターマイン、ナイアガラは見ごたえがあります。
思い出に残る花火大会にしてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ