関門海峡花火大会の下関の混雑状況は?駐車場はどこ?スポットは?

 

004939
九州と本州の間にある関門海峡を舞台に今年も関門海峡花火大会が開催されます。
毎年100万人以上の人出で賑わい、その混雑ぶりは半端ではありません。
電車やバスの公共交通機関で行く方、車で行く方などいろんな方法があるかと思います。

スポンサードリンク

今回は、下関周辺の混雑状況や駐車場、おすすめスポットなどの情報をお伝えします。

関門海峡花火大会の下関の混雑状況は?

下関側の最寄り駅であるJR下関駅の帰りは混雑は避けることはできません。最悪の場合は、下関から脱出するのに2時間以上かかることもあります。
とはいっても、せっかく日本でも有数の綺麗な花火を楽しみに行くわけですから途中で帰るのはもったいないです。
海響館が23時まであいているので閉館するまでいてはどうでしょうか。

下関駅から会場までは歩いて約20分くらいかかります。また、サンデンバス交通バスで海響館前で降りたらすぐ会場ですが、渋滞がひどくて何時に到着するかわからないので昼までに到着するのがベストです。

電車で行く場合は帰りの切符をあらかじめ買っておくことを忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会の駐車場はどこ?

車で行く場合は駐車場を見つけるのが難しいですね。
当日は、会場周辺の駐車場は満車で入ることはできません。
ビジネスホテルを予約してそのホテルの駐車場くらいしかとめる場所はないでしょう。
また、仮に駐車場に入れたとしても、今度は帰りに出れなくなるので電車で行く方がいいですよ。

車で行くならやはり長府駅近くの下関競艇の無料駐車場に車を置いて、電車で行くのが賢明な選択といえます。
電車を利用する以上は帰りの混雑は覚悟しなければいけませんが、下関駅周辺まで車で侵入するよりはましと考えてください。
なお有料エリアでも当日先着順の場所があるので早めに現地に行って場所取りをすることをおすすめします。

関門海峡花火大会の下関側のおすすめスポットは?

唐戸市場の有料スペースは迫力がある花火が見れます。そこは、下関側で上がる花火だけでなく門司側で上がる花火も見えますのでたいへん良いスポットです。臨場感のある体験をしたいならおすすめですよ。
カモンワーフ、あるかぽーと、海峡ゆめタワーから海側の岸壁が主要なスポットです。

穴場い的なスポットとしては、海響館の中は涼しくてトイレもあり絶好の場所です。壇ノ浦パーキングエリアは昼から混んでいますのでおすすめではありません。
海峡ゆめタワーも入れますが人が多いです。

まとめ

関門海峡花火大会は一度は体験しておきたい絶景の花火を見ることができます。
下関か門司それぞれにいい場所は必ずあるはずです。
熱中症には気を付けて場所取りをがんばってください!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ