祇園祭の混雑のピークは?宵山・山鉾巡業は?最寄り駅は?

6ba40eaeb1de4ca0e311a89751eeb8ea_s
今年も夏の風物詩である京都祇園祭の季節がやってきました。
八坂神社や市内各所で神事や行事が行われ京都の街は多くの人手で賑わいます。

スポンサードリンク

この伝統的なお祭り気分を快適に見物したいならどれくらい混雑するか気になるのではないでしょうか。

では、今回は祇園祭の混雑状況についてお伝えします。

祇園祭の混雑のピークは?

祇園祭の混雑のピークは何と言っても山鉾巡業のある16日です。
巡業の行路である四条通り、河原町通、御池通と烏丸通はものすごい人でいっぱいです。

お祭り気分を味わうなら、これ以上ない雰囲気ですのでこのピークに合わせて京都に行くだけの価値はあるでしょう。

祇園祭宵山の混雑具合は?

前祭宵山が7月14日~7月16日まで行われ、15日と16日は四条通と烏丸通は歩行者天国(18時~23時)になり屋台が烏丸通に出ますのでたいへん混雑します。
また、各町内に山鉾が立ち並ぶ室町通、新町通もこの時期は人は多いです。
ですから、山鉾を近くで見るなら夜ではなくて、まだ日射しが強い昼間の方が混雑を避けやすいのです。
なお、くれぐれも暑さ対策をして熱中症に気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

祇園祭山鉾巡業の混雑具合は?

前祭山鉾巡業がある17日は四条河原町交差点付近は朝から人が多く、近づくのもたいへんな混雑ぶりです。
辻廻しを見るポイントになっているので人が集まるのは当然です。
この辻廻しは、山鉾が豪快に90度方向を転換するのが見どころだからです。

四条通、河原町通は昼すぎまで交通規制がありますので地下鉄や阪急を使ってください。
烏丸烏丸御池周辺も山鉾巡業の後半の通路になっており交差点は混雑しています。
山鉾巡業はたいへん見る価値があるので、人垣の隙間を探して安全にご覧になってくださいね。

祇園祭の最寄り駅は?

山鉾巡業が目的であれば地下鉄烏丸線の「四条」か「烏丸御池」。地下鉄東西線「京都市役所前」。「阪急京都線の「烏丸」か「河原町」です。
駅の入場規制はありません。
なおバスは早朝から午後2時くらいまで通りませんので注意してください。

    先頭の予定は次の通りになっています。

  • 9時に四条烏丸を出発
  • 9時40分に四条河原町
  • 10時35分に河原町御池
  • 11時35分に新町御池

まとめ

京都祇園祭の山鉾巡業は一生に一度は見ておきたいイベントです。
人気スポットは3時間前から待っている人もいるほどです。
良い場所で見るにはできるだけ早く行くことをおすすめします。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ