琵琶湖花火大会の帰りの混雑状況は?浜大津駅は?車で行くのは?

faf08e98be18872ef177323c22457cf5_s
琵琶湖の花火大会といえば広い湖面に花開く水上花火やスターマインです。
毎年のように遠方から来る人も多く、当日はメイン会場の大津港の周辺は人がぎっしりといて混雑しています。
初めて見に行く方は会場まで行けたのはいいけど、帰りの電車は大混雑に巻き込まれるのではと心配されているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

では、今回は琵琶湖花火大会の帰りの混雑状況やベストな帰り方、あるいは車で行くのは大丈夫かなどをお伝えします。

琵琶湖花火大会の帰りの混雑状況は?

帰りは花火が終わったら一斉に最寄りの駅に人が押しかけるので混雑するのは避けられません。
まずは、花火会場から一番近い京阪京津線の浜大津駅を利用しない帰り方をご紹介します。

京阪京津線で帰るなら、京阪石山坂線の島ノ関駅、石場駅、京阪膳所駅から乗る方が浜大津駅の入場制限にかからないので電車に乗るまでの時間が早いです。

JR大津駅も帰りは同様にめちゃくちゃ混みます。JRを利用する場合は湖西線の大津京駅か琵琶湖線の膳所駅から乗る方がまだましです。ただし、膳所駅は新快速が停車しないので列車本数が少ないというデメリットもあります。、

スポンサードリンク

琵琶湖花火大会の浜大津駅の帰りの混雑状況は?

京阪京津線で帰るには浜大津駅を利用するのが一般的です。しかし、浜大津駅は駅への入場規制がありますし、会場から駅までたどり着くのにもかなり時間がかかるし電車に乗れるまで何時間かかるかわかりません。
混雑を回避する方法として二つあります。

  • 花火が終了する30分くらい前に観覧場所を離れ、早めに駅に入場しておく。
  • 22時頃まで花火の余韻に浸りながらその場で人が少なくなるのを待ってゆっくり駅に向かう。

初めて行く方や遠方からはるばる行く方はせっかくだから最後まで花火をご覧になって帰ることをおすすめします。

琵琶湖花火大会へ車で行くのはあり?

車で会場の近くまで行くのはやめておきましょう。
行きは早めに到着できたとしても帰りが大渋滞に巻き込まれることは必至です。深夜に帰宅するのは覚悟しなければいけないほどです。

車で行くなら山科周辺に車をとめてそこから電車に乗る、あるいは守山、野洲周辺まで車で行ってそこから電車に乗る方法が無難です。

穴場的なスポットとしては名神高速の大津SAからは湖面に高くあがる花火はよく見えます。
帰りは駐車場から出るのに時間がかかるのは覚悟してください。

まとめ

花火大会の帰りは混雑は避けられなので帰りの切符は着いたらすぐに買っておきましょう。
くれぐれも怪我のないように楽しい思い出を作ってください!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ