長良川花火大会の帰りの混雑は?駅まで徒歩かシャトルバスの選択は?

176690
今年も長良川花火大会の季節がやってきましたね。
岐阜県の長良川を舞台に3万発もの花火が打ち上げられるのは東海地方でも屈指の規模を誇る大会です。
これだけ大きな規模の花火になると近隣の県からも見に来る人も多いのでどれくらい人が多いのか気になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では今回は長良川花火大会の帰りの混雑状況や岐阜駅まで帰り方などをご紹介します。

長良川花火大会の帰りの混雑状況は?

会場は長良川右岸堤防下が花火が良く見える人気スポットで屋台もたくさん出ていてたいへんの人でごったがえします。
長良橋と金華橋の間にある場所です。

花火は近くで見ることに価値があり、実際に迫力があります。
帰りの混雑は覚悟してでも良い位置を確保してください。
帰りのバスは激混み必至なので、混雑を少しでも避ける方法は花火が終了する20分くらい前から帰りはじめて歩きながら遠くから眺めるか、会場で少しゆっくりと時間をつぶすといいでしょう。

スポンサードリンク

長良川花火大会の帰りは岐阜駅まで徒歩とシャトルバスはどっちが早い?

岐阜駅まで臨時バスが出ていますが乗り場周辺は長い行列になり、バスに乗るのもかなり時間がかかります。
結論からお伝えしますと、終了時刻まで花火を見たら歩いて岐阜駅まで帰った方が早いです。
だいたい30分くらいで到着します。
シャトルバスに乗れば車内はぎっしりと人で一杯になり、腕も動かせないほどになります。
注意点としては徒歩で夜道を歩くと蚊が多く、虫よけスプレーは持参しておくことです。

⇒おすすめ虫よけスプレーはこちら

ただし距離は意外にありますので行きは臨時バスに乗るべきです。
JR岐阜駅か名鉄岐阜駅の前からは、見る場所に合わせて長良橋経由あるいは金華橋経由のバスを選んでください。
夕方の16時くらいまでには会場に到着しておきたいですので、昼はまだ日差しが強く長い距離を歩くと疲れるからです。
夕方もバスは混みますからなるべく早く行くほどいいです。
できれば、昼までに行って場所取りをしてから、花火がはじまるまで喫茶店で時間をつぶしてください。

まとめ

行きはバスで帰りは歩いて岐阜駅まで帰るのがおすすめです。
当日は人が多いことを前提に事前に計画と立てて花火を楽しんでくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ