宮島水中花火大会の場所取りの時間は?見物場所は?広島港は混むの?

168653
今年も夏の楽しみである宮島水中花火大会の季節がやってきました。
一度は大鳥居を背景に見える絶景の花火を見てみたいけど、人が多くて場所取りもたいへんなくらい人気のある花火大会です。

スポンサードリンク

では、今回は宮島水中花火大会の場所取りの時間やスポットなどをご紹介します。

宮島水中花火大会の場所取りの時間は?

場所取りをするなら午前中に宮島に到着していることをおすすめします。
遅くても昼までには着いておきたいところです。
当日の朝一に宮島に行っても、海岸のよく見える場所は前日から来ている人に取られています。
とはいっても、朝から場所取りをすればかなりいい場所は確保できますので前日から行く必要はありません。
夕方に着くと鳥居の奥の方しかあいていなくて帰る時にフェリーに乗るのがすごく遅くなります。

場所取りは、レジャーシートを置いてその場を離れてるわけにはいきません。
日傘で日射しを遮り、日焼け止め、飲み物を持って熱中症にならないようにしてください。

スポンサードリンク

宮島水中花火大会のおすすめ見物場所は?

宮島で見るのなら有料観覧席が最もいいのいですが、無料で見るなら帰りのことも考えてなるべく船乗り場の近くがいいです。

  • 厳島神社の裏側
  • 清盛神社周辺
  • 厳島神社裏側の干潟(潮位によって行けないこともある)

遠くでもいいのなら

  • フジグランナタリーの屋上
  • 宮島サービスエリア下り線

がおすすめです。

宮島水中花火大会の広島港の状況は

広島駅から電車で行くのは激混みなので、それを避けるため宇品から高速船で宮島へ行く方もたくさんいます。
ですから広島港もたいへん混みます。混雑のピークはだいたい15時から16時くらいです。
できれば午前中に船に乗るのがおすすめで、遅くとも14時くらいに乗って宮島で早めに場所取りをしてくださいね!

帰りは宮島の船乗り場に人が殺到するので早く船に乗るためには往復切符を買っておきましょう。
なお宇品港まで車で行くなら駐車場が埋まっていることも考えられるので、どちらにしても早めに行くべきです。

まとめ

年に一度の花火大会です。混雑覚悟で見るだけの価値があるのは間違いありません。
この夏に楽しい思い出を作ってください!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ