犬を飼うのに必要な初期費用はいくら?年間費用や維持費は?

犬を飼ってみたい。毎日慌ただしく過ごしているとストレスが溜まる一方で癒してくれるペットがいたらいいと思うのは当然のことです。
家族の一員として愛されるペットですが、長く一緒に過ごすためにはどんな医療が必要でどのくらい必要なのか気になるところです。

スポンサードリンク

それでは、犬を飼うのに必要な初期費用や維持費を説明していきます。

120648

犬を飼うのに必要な初期費用はいくら?

ペットショップで小型犬を購入する場合は12万~15万円と高額です。また、血統付きの犬なら15万円以上します。
個人向けに小型犬を譲渡しているブリーダーさんか購入すると20万円以上することも珍しくありませんが、飼い方等の相談にものってくれるのでおすすめです。

ペットショップ以外では、動物愛護センターの譲渡会で無料で譲ってもらうことができます。無料ですが、犬の親がわからないので将来どれくらい大きくなるか不明な点がデメリットです。
足の太さを見て将来の大きさを判断するのがポイントです。

スポンサードリンク

1年目は去勢や避妊の手術をする犬もいます。これは繁殖を防ぐほか、気持ちの安定や病気予防にもつながります。最近は多くの飼主が手術を選択しています。費用は、雄犬が約2万以上、雌犬が約3万円かかります。

ブラシ、首輪、食器代、犬小屋などの小物代も初期費用として忘れてはいけません。

犬を飼うのに必要な年間費用はいくら?

まず、狂犬病のワクチンを市の方でやらなければいけません。これが約3千円。
混合ワクチン、伝染病のワクチン、ウイルスや細菌のワクチンが約1万円。
寄生虫フィラリア予防薬 約2千円/月×5か月くらい 約1万円
ノミ対策 約1万円
医療費で約3万円~4万円必要です。
それ以外にも耳のかゆみがあった場合は耳掃除と薬代で約4500円。

犬の医療費は保険がきかないので基本的に実費になることから経済的には負担になります。
小型犬の寿命は13年、大型犬で11年といわれていますが、もっと長く生きる犬はたくさんいます。
老犬になるにしたがって病気になることも多くなり、簡単に10万円~20万円かかることもありますから、しっかりと予防することが大切です。

万が一のためにペット保険に入ることも考えていいですよ。

えさ代、おやつ代、ペットシート代、シャンプー代が主な費用になりますが、合わせて約10万以上はかかると考えておきましょう。

まとめ

犬は飼ってしまうと家族同様の存在になります。言葉を話せないので、できる限り人間が気づいてあげて少しでも元気で楽しく生きていけるようになりましょう!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ