長岡花火大会の場所取りは何時から?無料観覧席の場所はどこ?

937165e42c8c8a2960227a07d6049343_s
今年も長岡花火大会の季節がやってきました。
日本三大花火大会の一つにも選ばれている長岡の花火はその迫力を見ようと他県からも多くの人がやってきます。
はじめて長岡花火大会に行く方は、無料席の場所や場所取りの時間などわからないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

今回は、長岡花火大会の場所取りや無料席の場所や長岡駅からの行き方についてお伝えします。

長岡花火大会の場所取りは何時から?

無料観覧席の場所取りの時間は14時から開始です。
当然ながら、14時に来た時はかなりたくさんに人に行列ができています。
中にはこの日のために徹夜して並んでいる人もいるくらい気合が入っている人もいて、場所取り合戦が熾烈になることもあります。
無料席の場所取りはよく見えるところから先に埋まってきます。

スポンサードリンク

早ければ早いほどいいのですが、どこでもいいから見れたらいいと軽いノリで行く場合でも16時には会場入りしておくべきです。
無料席が一杯になると入場制限があり、堤防にあがることができないこともあるので要注意です。

長岡花火大会の無料観覧席の場所はどこ?

無料席は、長岡駅側から行くと大手大橋の下流側と長生橋の上流側にあります。
人が多いのは大手大橋の下流側でフェニックスが打ちあがるところです。

また、橋を渡って左岸の方にも無料席があります。
こちらは、暑い中歩いて行くのは少し辛くなるかもしれません。

無料席の会場までは長岡駅の西口から真っ直ぐ歩けば大手大橋にたどりつきます。
だいたい20分くらいで到着するでしょうが、昼間の炎天下に歩くのは相当体力を消耗しますので水分補給をしながら歩いてください。

レジャーシートを敷いて場所を確保したらその場にいては熱中症になる危険性がありますので、すぐに涼しい場所へ移動してください。
おすすめはウオロク長岡店です。
花火大会当日は人で混みますが、飲み物や食料などを買ったりできます。

まとめ

初めての場所に行くのは期待感もありますが、知らないことばかりで不安もたくさんあって当たり前です。
長岡の花火は一度は見るだけの価値はありますので楽しんでください!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ