長岡花火大会の越後丘陵公園の混雑は?シャトルバスの利用はどう?

937165e42c8c8a2960227a07d6049343_s
今年も待ちに待った夏の風物詩である長岡花火大会の季節がやってきました。
長岡の花火の名物といえばフェニックスと天地人花火が夏の夜空に満開に打ち上げられる光景ですよね。
ですが、その感動を体験するには車を利用して臨時駐車場に停めて行く方が大半ではないでしょうか。

スポンサードリンク

そこで、今回はシャトルバスが出る臨時駐車場の混雑状況やおすすめの駐車場をご紹介します。

長岡花火大会の越後丘陵公園の混雑は?

東京方面から行くのであれば国営越後丘陵公園の駐車場に停めるのがおすすめです。
この駐車場は1850代も停められて無料シャトルバスが出て約20分で信濃川左岸のナルスまで行きます。
ちなみに駐車料金は2000円です。
車は朝から続々と入場してきますが、何しろ駐車スペースが広いので混雑はすますが場所がなくなることはありません。
また、シャトルバスは次から次へと来ますので、帰りも交通規制されている道路をバスが走りますので街中に停めて渋滞にはまるような事はありません。

スポンサードリンク

注意点としては、シャトルバスの乗り場に近い場所からスペースがなくなっていくので、あまり遅く行くとバス乗り場から遠くに停めるようになり歩かなくてはいけないことです。
できあれば早めに到着してバス乗り場から近くに車をおきたいところです。

長岡駅近くには有料駐車場がいくつかありますが、早めに来て運よく入ることができても帰りの渋滞がひどくて駐車場から出るまでに相当の時間がかかります。

長岡花火大会のシャトルバスの利用が便利なの?

日帰りで見に行く方にとっては車を利用するか、花火大会の途中で抜けて電車か新幹線を利用するのが一般的です。
せっかく遠方から花火を見に来るなら車で行って、越後丘陵公園駐車場、三島支所駐車場、南部工業団地駐車場などに停めてシャトルバスに乗って会場まで行くのがストレスもなくスムーズに行けます。

また帰りはシャトルバスに乗るまでに1時間くらい待つことがあるかもしれませんが、シャトルバスに一旦乗れば臨時駐車場まで渋滞もなく到着できます。
ですから、シャトルバスの利用はおすすめです。

まとめ

長岡花火大会に行く時は行きと帰りの道順や混雑状況、駐車場などは事前に確認しておきたいところです。
当日は昼間は暑いですのでくれぐれも熱中症対策は万全にして会場に行ってくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ