岡崎花火大会の場所取りはどこ?車の駐車場は?イオン・コムタウン?

27711decb298da41b03a575d9ecc7df9_s
今年も岡崎城下家康公夏祭り花火大会の季節がやってきました。
この花火大会は、東海地方でも有数の規模を誇りますのでかなりの人出で賑わいます。
当日はいい場所で見ようと思って場所取りをしようとはりきっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は岡崎花火大会の場所取りのおすすめスポットや車で行く時の駐車場情報をお伝えします。

岡崎花火大会の場所取りはどこがおすすめ?

人が多くて最も激戦の場所は、有料桟敷席の反対側にある殿橋の南側です。
ここは、数日前から場所取りをしている人もいるくらい確保するのが難しいところです。
2人くらいのスペースは空いているかもしれませんが、昼すぎにはかなりの人がシートを敷いてスタンバイしています。
感動するくらいの迫力のある花火が楽しめるので場所取りを頑張るくらいの価値はあります。

定番の場所でおすすめは、

スポンサードリンク
  • 岡崎公園内芝生広場
  • 乙川河川敷テニスコート

岡崎公園内の場所取りは、早朝からシートを敷いている人もいて、遅くても昼過ぎには到着しておくべきです。
夕方になると人が一杯で、他の場所を探す方がいいでしょう。

場所取りの際に注意したいことは、シートを置くだけでは風で飛ばされるので重りを置いて置くこと、暑いので日傘、日焼け止め、飲み物は必ず準備しておきましょう。

岡崎花火大会の車の駐車場はあいてる?

車の駐車場は明神橋公園(350台)、市役所、イオンなどがあります。
ただ、どこも花火が終了してから駐車場から出るのにかなりの時間を要します。

明神橋公園近くのコムタウンの屋上は最近は閉鎖されており花火大会の日は停めることはできませんが、食べ物の買い出しには利用できます。
また、浴衣を着て記念にプリクラを撮りたい方も1階にゲームセンターがありますので利用できます。

少し遠い場所では、岡崎中央総合公園がおすすめです。
特に、小さくてもいいからのんびりと花火を見たい方にとってはお気に入りの場所になるはずです。
駐車場のスペースも広く、夜景も綺麗に見えるはずです。

まとめ

毎年この時期は蒸し暑く長時間の場所取りは熱中症の危険がありますので日傘や飲み物などで対策をしてください。
では楽しい花火大会の思い出を作ってください!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ