岡崎花火大会の帰りの電車・最寄り駅の混雑は?岡崎公園の場所取りは?

27711decb298da41b03a575d9ecc7df9_s
今年も岡崎花火大会の季節がやってきました。
毎年8月の第一土曜日に開催されるイベントは、県内だけでなく全国からも花火ファンがたくさん来て盛り上がります。
初めて行く方にとっては、どれくらい混雑するか気になるところではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は岡崎花火大会の電車や駅の混雑状況や岡崎公園の魅力などをお伝えします。

岡崎花火大会の帰りの電車や最寄り駅の混雑は?

最寄り駅は名鉄名古屋本線の東岡崎駅と岡崎公園前駅です。
まず東岡崎駅ですがこちらは帰りは大混雑します。
花火大会が終了する21時には一斉に人が移動し、駅に入るのも制限されることがあります。

スポンサードリンク

殿橋周辺から駅に行くのでも人の列で前に進みません。
5分で行ける距離なのに30分くらいかかったりします。
混雑回避するためには、21時前には駅に向かいはじめ帰りながら花火を見ることです。

岡崎公園前駅は通常は普通列車しか停車しませんが、花火大会当時は特急列車や急行列車が一部停車します。
どちらかというと岡崎公園前駅の利用をおすすめします。
こちらの駅からの方が岡崎公園までの距離も近いですし、行きの混み具合は東岡崎駅よりはましかなという感じです。

岡崎花火大会の岡崎公園の場所取りはいつまで?

岡崎花火大会にはじめて行くならぜひ岡崎公園を目指して歩いていってみてください。
川沿いは有料桟敷席しかありませんから公園内広場でレジャーシートを敷いて見るのがベストです。

場所取りはだいたい16時までに行けばとれると思いますよ。
できれば午前中がいいですが・・・。
人が多いので無理をして川沿いの堤防まで行く必要はありません。

まとめ

花火大会の当日は暑いですので日傘で紫外線対策、飲み物の準備をしてください。
突然の雷雨ということもありますので合羽があれば安心です。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ