熊野花火大会の帰りの混雑は?電車は?特急券はいつから発売?

5b17f8aa2991acfcf854a125fb0813e9_s
今年も熊野花火大会の季節がやってきました。
この熊野の花火を見に行くためには、電車も車も混雑してはじめて見に行く方は心配しているのではないでしょうか。
それだけ近くで見ると迫力があり爆発の波動は一度は体感する価値のあるものです。

スポンサードリンク

では、今回は熊野花火大会の電車や車の混雑状況をお伝えします。

熊野花火大会の帰りの混雑状況は?

帰りの混雑は避けることができません。
何しろ車で来ても渋滞がすごく、電車で来ても熊野市駅での行列に並ばなければいけません。
国道42号線が片側一車線で、紀勢本線も単線のため列車の増発も限界があることが関係しているのでしょう。

ですから、その日のうちに熊野から出ることはとても難しいことなのです。

スポンサードリンク

花火が良く見える第1ゲートから第6ゲートまでの間が会場は混雑します。
鬼ケ城付近は地爆花火が体感でき半端なく人が多いので、獅子岩付近の方が若干ゆったりとできるでしょう。
また、会場はジャリ浜で小石が多くクッションを持っていきましょう。

熊野花火大会の帰りの電車の混雑は?

帰りの電車は混雑することは間違いありませんが、電車に乗るまでに3時間くらいかかることもあります。
当日は臨時列車が出ますが、駅に入るまでに並ばなければいけないし、駅に入ってから電車に乗るまでに相当の時間がかかります。

伊勢方面に行く臨時夜行列車がありますが、盗難にあう可能性があるので疲れて眠らないようにしましょう。

熊野花火大会の特急券はいつから発売する?

名古屋方面へ行く特急列車がありますが、特急券の発売は花火大会当日の午前7時からです。
全国のみどりの窓口で購入できます。

まとめ

三尺玉海上自爆と鬼ケ城大仕掛けは熊野でしか見れない花火です。
人で混雑しますが楽しい思い出と作ってくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ