大曲花火大会の混雑状況!大曲駅は?新幹線は?無料席の場所取りは?

218447
夏の花火大会といえば大曲花火大会ですよね。
今年もたくさんの花火ファンの人が全国から大曲へやってきます。
初めて行く方はいったいどれくらい混むのか想像がつかないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

では、今回は大曲花火大会の駅や新幹線の混雑状況や無料席の場所取り情報などをお伝えします。

大曲花火大会の大曲駅の混雑は?

最寄り駅の大曲駅は、当日は行きは午後から夕方にかけて、帰りは花火終了から深夜まで激混みします。
駅から会場までは、普通であれば約20分もあれば行けますが、花火大会当日は人で渋滞しますので40分~1時間くらいかかることを想定してください。
また、会場までは人の流れができていますので道に迷うことはないといっていいでしょう。
分からない事があれば、大会関係者や警備員が立っているので聞いてください。

帰りの大曲駅の西口では、「奥羽本線秋田方面」「奥羽本線横手方面」「田沢湖線」「秋田新幹線」の利用別に並ばなければいけません。
駅にいるのに電車が満員で2本か3本後の列車まで乗れない状態になります。
まるで東京の通勤時間帯くらいの半端ない混雑ぶりです。
次に来る列車が30分後とかになるのでなるべき早く駅に並ぶしかありません。

スポンサードリンク

大曲花火大会の新幹線は乗れる?

大曲花火大会当日の新幹線のチケットを入手するのが困難です。
例年、1ヶ月前の10時に完売になります。
当日は、特定特急券の発売しかなく、それも発売に限りがあります。

指定席がなければ盛岡まで帰るのもかなり困難になるかもしれません。
新幹線車両ではなく普通車両のナイアガラ号が深夜過ぎまでありますのでそれを利用するとよいです。

大曲花火大会の無料席の場所取りは?

無料席の場所取りは当日の9時30から開始です。
それまでに入場待機所に並んだ順番に無料観覧席に入れるようになります。
入場待機所に並ぶのが前日の15時から開始ですので、実質は前日から場所取りが開始するということです。

場所を確保したら、できればその場を離れない方が無難です。
離れた時に別の人にとられてしまっては元も子もないですからね。
その場にいるのは暑くてたいへんかもしれないので、複数人で交代で場所取りをするべきです。

まとめ

満天の空に花火が打ちあがる光景は何ともいえない感動を味わうことができます。
大曲のテーマ曲が心の中に残ることでしょう。
それでは花火大会を楽しんでくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ