鴻巣花火大会の駐車場の混雑は?吉見総合運動公園は?服装は浴衣OK?

hanabi
秋の風物詩である鴻巣花火大会の季節がやってきました。
何といってもラストにある目玉の鳳凰乱舞は見ごたえがあり全国から花火ファンが駆けつけるほどの人気となっています。はじめて行く方は花火会場やその周辺の駐車場の混雑がどれくらいなのか気になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

では、今回は鴻巣花火大会の駐車場の混雑や吉見総合運動公園の会場の混雑状況をお伝えします。

鴻巣花火大会の駐車場の混雑は?

公式の駐車場は吉見総合運動公園だけです。
収容台数が2000台と限定されていますので早めに入ることが必要です。
夕方くらいに行くと満車で入れないこともありますのでなるべき午前中に現地へ到着しておくことをおすすめします。

特に夕方には周辺道路の渋滞もひどくなり、午後からの交通規制で身動きがとれない車も出てきます。
また、花火終了後も人が多くて駐車場から車を出すのに一苦労します。
おそらく22時くらいになってようやく出れるくらいでしょう。

スポンサードリンク

吉見総合運動公園から河川敷にある優良観覧席までは約2キロあります。
鴻巣駅から有料観覧席までの距離とあまりかわりませんので帰りの渋滞を考えたら電車で行くことも選択肢の一つにしてはどうでしょうか。

鴻巣花火大会の吉見総合運動公園の開場時間や混雑は?

吉見総合運動公園の駐車場の開場は午前9時30分からです。
駐車料金は1日で2,000円です。

公園内は穴場スポットとして意外に人気でここから花火を見る人もたくさんいますので込み合っています。
また、車の中から見ることもできなくはないですが、駐車場の係員に車を停める場所に誘導されるかもしれないので自分の好きな場所へ駐車できる保証がありません。
したがって、車の中からの花火鑑賞はおすすめできません。

鴻巣花火大会の服装は?浴衣もあり?

この季節は気温の変動が日によっても時間帯によっても変わりますので服装は臨機応変に対応できるものがいいです。
もちろん浴衣で行くのもありです。
毎年、駅から浴衣姿で歩いて行く女性はたくさんいます。

寒い時のために上に羽織る物や毛布を準備しておくと安心です。
レジャーシートだけだとお尻が痛くなることがありますのでクッションもあるとよいです。

まとめ

花火大会へ車で行く方は早めに駐車場へ入ること。
帰りの渋滞は覚悟しておく。
服装は寒くても羽織るものがあれば大丈夫です。
では花火大会を楽しんでくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ