クリスマスイブの忘年会は欠席するべきか?断り方は?理由や言い訳は?

hanabi
年末になると会社の忘年会シーズンがやってきますね。
忘年会といえども会社の行事となっている職場が多いためほぼ強制参加しなければいけない状況なのではないでしょうか。ただ、クリスマスやクリスマスイブに忘年会を開催する会社もあり何とか参加しない方法はないかと考えている方もいることでしょう。

スポンサードリンク

では、今回はクリスマスに忘年会がある時の断り方をお伝えします。

クリスマス・クリスマスイブにある忘年会は欠席するべきか?

クリスマスやクリスマスイブには彼氏や友人と一緒に過ごしたいと思っている女性の方はたくさんいるはずです。
そんな大切な日に会社の忘年会があるなんて幹事さんを恨んでやるしかありませんね。

毎年のように忘年会に参加している人なら許されるでしょうが、今年新卒で入社した方や転職してはじめての忘年会を迎える方は簡単に欠席するわけにもいかないでしょう。
後々、チームワークを乱す人間と見られる可能性がありますので慎重に行動したいものです。

ですから、新卒者と転職したばかりの方は一次会だけでもいいから出席した方が無難です。
一次会が終わったら、彼氏と近くで待ち合わせてロマンチックなイルミネーションでも見に行ってください。

スポンサードリンク

何年も忘年会には参加している方は用事があるからといって、今年だけは参加しなくても仕事をするうえで差し支えることはありません。

クリスマスにある忘年会の断り方は?

忘年会の断り方にはいろいろあります。
当日に断る場合は、「風邪をひきまして、体調不良です。」と言って昼で帰宅するのがベストです。
ただ、朝から幹事さんにいつ言いだそうかと緊張しまうのでなるべく早く断ってスッキリしたいですよね。

使えるのが「親戚の法事がありますので忘年会は欠席でお願いします。」です。
早めに申し出ておく方が幹事さんがキャンセルしなければいけませんので望ましいです。

クリスマスの忘年会を断る理由は?

理由は先ほどあげてように、体の不調か親戚や家庭の用事を理由にするのがいいでしょう。
彼氏とデートがあるから欠席というのは、社会人としては言ってはいけません。

いずれにしてもクリスマスを大切にするのは若い時だけですし、年齢を重ねるとクリスマスなんて別にどうでもよくなるように感じます。
若い時と、歳をとってからではクリスマスに対する感じ方が変わってくるのです。
若い時ならではのクリスマスを過ごしてくださいね。

まとめ

一年に一度の忘年会ですがクリスマスも一年に一度です。
どちらを優先するかはあなた次第です。
後悔のない年末を過ごしてくださいね!
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ