母の日の手紙の文例が知りたい!感動を中学生が届けるには?

5月の第2日曜日に母の日が今年もやってきます。
今まで食事、洗濯、身の回りの雑務などすべてやってもらってきたのに、感謝の気持ちを伝える機会がなかったという方は母の日に手紙を書いて贈ってはどうでしょうか。

スポンサードリンク

まだ、中学生なのでお小遣いの範囲内でプレゼントするには少し荷が重いと感じている貴方にとって、手紙を書いてお母さんに感謝の気持ちを伝えることは最高の贈り物になるはずです。

今までそんな手紙を書いたことがない人でも、そんなに堅苦しく考えないで素直な気持ちを伝えるだけでいいので簡単に書けると思いますのでやってみてはどうでしょうか。
096096

母の日の手紙の文例は?

それでは今回は、毎日お弁当を作ってもらっている中学生という設定で母の日の手紙の文例の案を書いてみました。

「お母さん、いつも僕(私)のお弁当を毎日作ってくれてありがとう。恥ずかしくてありがとうと面と向かって言ったことはなかったね。今日は、母の日だから手紙を書いて感謝の気持ちを伝えてみました。これからも、高校生を卒業するまではお弁当をお願いすると思うのでよろしくお願いします。」

スポンサードリンク

といった感じで素直に飾らずに書くことが大切です。

母の日の手紙で感動させるには?

感動というのは相手がどう受け取り感じるかであって、こちらから狙って感動させることは少し難しい面があります。
自分にできることは、今感じていることを手紙に書いてみて一度読んでみてください。そこで、泣けるようならお母さんも間違いなく感動してくれると思います。

まずは、日常生活の中でお母さんにどれくらい世話になっているか紙に箇条書きにしてみる作業からしてみてください。

母の日の手紙で中学生が書くコツは?

文章を書くのが苦手だと思っている中学生も多いことでしょう。
でも、母の日の手紙と学校の国語の授業で書く文章とは違います。母の日の手紙は自分の気持ちをありのまま表現すればいいだけです。
評論文のような構成などあまり考えずに書けるという点で誰にも手軽に書けるメリットがあります。

中学生が書く手紙ですので大人の社会人が書くような難しい言葉は不要なのです。むしろ簡単に書いた手紙の方が貰った側も嬉しいものですよ。

まとめ

今のご時世で、母の日に感謝の気持ちを伝えることだけで素晴らしいことです。さらに、お金をかけない手作りの手紙は自分だけのオリジナルなプレゼントとなります。是非、今年は気持ちを伝えてみてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ