クラス替えが嫌だ?1人ぼっちにならないための友達の作り方!

新学期のはじまりとともに毎年恒例のクラス替えがあるのもこの時期ですね。せっかく慣れ親しんだ環境や良好な友達関係があった人にとっては、また新たに築き上げなければいけないと思うととても憂鬱な感じがします。

スポンサードリンク

新学期に入って間もない時は何かと不安な気持ちになることが多いですが、クラス替えをうまく利用して友達をたくさん作る方法などをお伝えします。
113639

クラス替えが嫌だと思うのはなぜか?

おそらく人に話しかけるのことに対して苦手意識を持っているのではないでしょうか。いわゆる人見知りというやつですね。
私もクラス替えがある前日の夜は緊張感とため息ばかりで生きた心地がしなかったですね。ですから、クラス替えが嫌だと思う気持ちは痛いほどわかります。社会人になれば毎年クラス替えというものはありませんので安心をしてください。そのかわり配置転換とかあったりします。(泣)

一度、仲良くなれば緊張感もとけて気楽に話しかけることができるので、それまではいろんな工夫をして友達を作ろうとする努力が必要です。

スポンサードリンク

クラス替えで1人ぼっちにならないためには?

クラス替えで何が最も怖いかというと、自分は1人ぼっちになるのではないかという気持ちに襲われることですね。実際は、みんな同じ気持ちなのに何故か自分だけと思ってしまうんです。クラスの数人が楽しそうに話しているのを見ると焦ってしまうことも度々あることでしょう。

1人ぼっちにならないようにするには、まずは隣の席の人と話してみることです。話題は例えば、勉強のこと、部活のこと、通学中のこと、時事ネタのこと何でもかまいません。

クラス替えがあった後の友達の作り方とは?

友達の作り方で簡単な方法は、仲の良い友達の友達と仲良くなって、またその友達と仲良くなってどんどん友達の輪を広げることです。中学生や高校生ではそこまでしなくても毎日学校へ行けば自然発生的に友達ができてくることはよくあります。大学生になるとクラスがない学校がほとんどですので、この方法はとても有効な友達の作り方になります。

友達の輪に入るをためらう必要などありません。どんどん自分から話していけば相手も好意をもってくれますので積極的にいってもいい場面です。

まとめ

誰でもドキドキするのがクラス替えです。みんなも同じような気持ちでいると思い込んでこの緊張感を楽しめるくらいの余裕をもって新学期を迎えてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ